Posts Tagged: Eye-Fi

Eye-Fi card がスマートフォンなどへのダイレクト転送モード追加。

 デジタルカメラのデータ転送に凄く便利な Eye-Fi memory card に新たな機能、スマートフォンなどへのダイレクト転送モードが追加されました。

 今まで iPhone や iPad への転送は疑似ダイレクト転送を実現するものもありましたが、Eye-Fi 自体が正式に対応してくれました。

 図に起こすとこんな感じ。で、合っていると思うんですが、

Eye-Fi_direct mode

 今までどうがんばっても一度 PC や Eye-Fi center を含むウェブサービスにアップロードして、そこから iPhone などの携帯デバイスで見る必要がありましたが、このダイレクトモードを使うことで、ネットワークのない場所でも直接携帯電話に転送することが出来るようになりました。
 
 個人的に iPhone よりは iPad クラスのモニタサイズがあるデバイスが一番使い道があるんではないかなぁ。と思います。

 ざっくり使って見た感じ非常に便利ではあるものの、まだお願いしたい改良点がいくつか。

 ひとつは転送速度の問題。これはデバイスのスペックもあるので一概には言えませんが、RAW、動画の転送はひたすら待ち。通常の jpg においても、一眼レフの高画質なサイズでは結構辛いのです。

 2番目は iPhone の場合ですが、全て同じカメラロールに入ってしまうので、iPhone と デジカメデータを分けたい私のような人には、あとで仕分けする必要があるのは辛いです。

 3番目は要望ですが、ダイレクトモードと従来のPCなどへ転送モードの両立。ダイレクトモードにしてしまうと、すべてスマートフォンのデバイスをいったん通してからPCに転送。と言うことになるようなので、それだと結構待ち時間が辛いですね。

 面白くて便利な機能ですが、もうちょっと使い勝手がアップしてくれるとイイですね。

Eye-Fi memory cards: wireless photo and video uploads straight from your camera to your computer & the web.
Eye-Fi(アイファイ)カード – あなたのカメラをワイヤレスに

Eye-Fi Card からのファームウエアデートは要注意?(CANON Kiss X4)

 CANON Kiss X4 のファームウエアが出ていたのでアップデートしようとしたところ、手順通りにやっても、下の画像のところで読込中のまま全く動かない(15分ほど)の状態になり、やばくない?(汗)

ここからの電源オフは勇気が。。。(汗)

 と、思って更新手順を振り返るものの特に問題なさそうなんだけど、ひとつ気になったのが、「カメラ本体で初期化したSD カードを使って〜」とあったので、このせい?と、気づき、画像の状態になったのは、本体で初期化してない Eye-Fi Card を使ってやったせいかもしれない。
 と、いうことで、意を決して途中で電源を切り、と、いうのは、ファームウエアアップデート中に電源が切れたり操作すると、そのまま還らぬ機械。。。になってしまうので怖かったのですが、恐る恐る再始動させたら無事に起動。
 そして、別の普通の SD カードを本体で念のため再初期化後、アップデートしたらものの数分で無事にアップデートが完了しました(^^;

無事に行ってよかった。

 SD カードに展開したファームウエアを単純に読み込みに行くだけだと思って普段使っている Eye-Fi カードでファームウエアアップデートしましたが、もしかしたら要注意かもしれません。

Canon EOS Kiss X4 ファームウェア変更(1.0.9)

Eye-Fi Center がパワーアップ。容量無制限のEye-Fi View を開始。

 Eye-Fi カード管理アプリ「Eye-Fi Center」アップデートと、容量無制限でウェブ上に保存してくれる「Eye-Fi View」というサービスが開始されました。

 まずは Eye-Fi Center ですが、アップデートに iPhone からの動画アップロードに正式対応しました。あとはスクリーンショットが写真と別に保存できる機能があれば個人的にほぼ完璧なんではないかと思います。

 気になる点は Eye-Fi Center でわかりづらい?のは履歴の項目。これはウェブアップロードの履歴になるんですが、項目名が「履歴」としかないので過去の履歴全部かと一瞬勘違いしてしまいそうになるので表記を改めて頂きたいなと思います。
 また、Adobe Air をインストールしていないと動かない点。これもなんとか単体アプリで動くように改良して欲しいなぁ。と、思います。なんとなく動作が不安定(汗)

Eye-Fi Center

 新しいサービスの Eye-Fi View ですが、アップロードした画像を7日間無料、容量無制限で保管してくれます。
 なので、アップロード後、うっかり SD カードから削除した画像も7日間は保存してくれるのでちょっと助かります。永久に保存して欲しい場合は有料のサービスを利用することも可能です。

 ウェブ公開用のサービスではなく、ほぼ完全にストレージサービスなので、年間 4,800円は高いか安いかは写真の撮影頻度によりずいぶん変わってくると思うので判断は難しいですが、RAW を多用する人なんかはオンラインで全部保存してくれるのなら自前のストレージを増やす必要がなくて安いような気がします。逆にあんまり写真を撮らない、データも軽いものしか使わない人には高いかなと思います。

 また、どうしても宣伝項目が先走ってしまいがちなので、使用している Eye-Fi カードの種類によってサービスが微妙に違うので、そのあたりもよく確認が必要です。

 個人的に大満足ですが、強いて希望をあげれば、さらなる容量アップでしょうか。モバイル Wi-Fi と自動削除機能を使えば、電池が持って電波が入る限り半永久的に容量を気にすることなく撮影できますが、仕事でもない限りそこまでの投資は難しいものがあるので(^^;


Eye-Fi メモリーカード: お使いのカメラからコンピュータやウェブに、写真や動画を直接アップロード。
アイファイジャパン、パーソナルクラウドサービス「Eye-Fi View」を提供開始 << 最新情報 << Eye-Fi Japan
Eye-Fi Center(ウェブ閲覧用)
Eye-Fi Explore X2 8GB EFJ-EX-8G

Eye-Fi Pro X2 8GBを導入。

 Eye-Fi Pro X2カードを導入。




 Eye-Fiについては、公式動画を見て頂くとよりわかりやすいですが、超簡単に説明すると、SDカードの使えるデジタルカメラで、撮影した写真を無線LANを使ってパソコンやwebサービスに転送するこのできるSDカードで、いちいちSDカードを取り出したり、USBケーブルでパソコンに繋いだり。と、いった手間がないのでシゴク便利なのです。
 ブツ撮りをする現場にあれば、撮影して数秒後にはパソコンにアップロードされるので、フルサイズでの確認がすぐできちゃう優れものなのです。



 初代のEye-Fiカード2GBを使っていたのですが、今回パワーアップして、単純に容量がアップしただけなら導入には至らなかったと思いますが、動画データ、RAWデータに対応したこと。
 また、ジオタグ機能。パソコンがないところでもWi-Fi(公衆無線など)があれば、Eye-Fiのサーバにいったん保存してくれる機能、容量が少なくなると自動的に消去してくれる機能等々、使い勝手が飛躍的に向上したのが導入の決定打です。
 
 今回のアップデートで、Connect X2 4GB、Explore X2 8GB、Pro X2 8GBと、3種類に増え、少しずつ仕様が違いますので、購入のさいはご注意を。
 サクッというと、通常のデジカメであれば、Connect X2 4GB
 ジオタグ、公衆無線LANも利用したい場合は、Explore X2 8GB
 さらにRAWデータ、アドホック転送(パソコンが立ち上がって無くてもOK)を利用したい場合はPro X2 8GB
 でしょうか。

 一度コレを体験してしまうと、ほんと後戻りできないくらい便利なので、全てのSDカード搭載のデジタルカメラ使用の方にオススメしたいくらいです。

Eye-Fi メモリーカード: お使いのカメラからコンピュータやウェブに、写真や動画を直接アップロード。
製品の比較 | Eye-Fi Japan