Posts Tagged: CANON

Mac App : CANON カメラのシャッターカウント数がわかるアプリ「ShutterCount」

はじめに

 キヤノンのカメラのシャッターカウント数はニコンのように写真ファイルに組み込まれていません(涙)
 以前はカウントするツールがあったものの、途中から対応するアプリがなくて探していたのですが、たまたま全く違う検索?だったかで「ShutterCount」なるものを発見!
 即試してみました。

使い方

 使い方は至って簡単。
 起動して、USB 経由でカメラを接続。電源を入れるだけ。
 すぐにカメラ情報を表示してくれます!

CANON ShutterCount for Mac App
 

動作確認状況

  • MacBook Pro with Retina 15”
  • Mac OS X 10.11.5
  • CANON EOS Kiss X4

あとがき

 すべてのキヤノンカメラに対応しているわけではないので自分の機種を要確認してくださいね。
 あと、iOS 版、Windows 版もあるようです。

Download

ShutterCountShutterCount


ShutterCount — DIRE Studio

キヤノンフォトサークル CANON EOS M3 モニターセットレビュー その1

 キヤノンの公式フォトサークル、キヤノンフォトサークルで EOS M3 セットのモニターに当選♪
 M3 はキヤノン使いとしては気になっていた機種だけに楽しみ。そして何よりセット内容が盛りだくさんで太っ腹!

  • M3 本体
  • EF-M 18-55mm F3.5-5.6 IS STM 標準ズームレンズ
  • EF-M 55-200mm F4.5-6.3 IS STM 望遠ズームレンズ
  • EF-M 22mm F2 STM 広角単焦点レンズ
  • EF-M 11-22mm F4-5.6 IS STM 広角ズームレンズ
  • EVF-DC1 液晶ファインダー
  • EF-EOS M EFレンズを着けられるアダプター

 全てを期間内に試すのは難しいですが、楽しんでいきたいと思います。まずはレビュー恒例の本体操作編から。

 本体サイズは先日借りた FUJIFILM の X-T1 より持った感じが少々小ぶりでフィット感が違いますが、レンズをささえとしてかまえるといい感じでしょうか。
 基本的に私はマニュアルで操作するんですが、X-T1 にくらべるとプログラムオートやシャッタースピード優先など、あまりマニュアル操作しないで撮るといったイメージの操作体系なのか、マニュアル撮影には向かないかもしれません。
 シャッターボタンを囲むダイヤルでの操作はとても快適。もうひとつ親指などを移動しない操作できるダイヤルがあればいうことなしですね。

キヤノンフォトサークル  CANON EOS M3 モニターセットレビュー #1

 メニューは基本的にキヤノンそのもの。際だったところはありませんが、ほとんどの機種で動作形態が同じなのでこういうところが一緒なのはとても安心感があります。
 液晶も見やすいです。

 背面のダイヤルも PowerShot などを使ったことがある人にはとてもなじみ深い感じで、こちらも扱いやすい。
 ちょっと気になったのは、再生と動画録画ボタンの位置。誤って押すことはないんですが、逆にちょっと小さいので押しにくい感じがあります。

キヤノンフォトサークル  CANON EOS M3 モニターセットレビュー #2

 今は普通となった背面液晶のバリアングル。ハイアングル、ローアングルはもちろんのこと、自撮りもできちゃうくらいレンズ側に曲がっちゃいます。凄い時代です。私は自撮りしませんけど、他に面白い撮影ができるかもしれません。

キヤノンフォトサークル  CANON EOS M3 モニターセットレビュー #3

 ミラーレスをいえばファインダーがないのが一般的ですが、最近は液晶ファインダーが別途着けられるのが逆に普通になってきています。
 EOS M3 も別途着けることができて、やはりファインダを覗いた方が撮影に集中できますし、本体も固定できるのでブレ防止にもなります。
 液晶はとても見やすいですし、よほど速い被写体でなければ気にならない速度ではないでしょうか。
 ただ、携帯性が損なわれるので、高級モデルはやはり内蔵式のほうが好ましいように思います。

キヤノンフォトサークル  CANON EOS M3 モニターセットレビュー #4

 モニターセットのレンズは計4本。
 そのうち、明るい EF-M 22mm F2 STM 広角単焦点レンズ(一番左)と EF-M 11-22mm F4-5.6 IS STM 広角ズームレンズ(真ん中)
 EF-M 22mm F2 STM はかなり寄れて明るくて、ちょっと広角ですがスナップ向き。
 EF-M 11-22mm F4-5.6 IS STM はかなりの広角でダイナミックな画角に最適。楽しくなります。
 EF-M 55-200mm F4.5-6.3 IS STM は可も無く不可も無く。よくをいうと 250mm か 300 mm まで欲しかったかな。

キヤノンフォトサークル  CANON EOS M3 モニターセットレビュー #6

 サクッと使って1点気になったのは「コンティニュアス AF」
 常にピントが合うようにレンズのピントを自動的に常時調整をしてくれる優れもの。なんですが、EF-M レンズは専用設計なのであんまり気にならないんですが、電池の持ちがかなり違ってくるようなので、瞬撮力を必要としない撮影であればオフにした方がよいように思います。
 また、EF、EF-S レンズを着けた場合にもオンの場合は動きつづけるので気をつけた方が良さそうです。

キヤノンフォトサークル  CANON EOS M3 モニターセットレビュー #7

 最後は EF-EOS M アダプターを使って SIGMA の超広角 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM を着けてみたところ。
 形が面白いだけでなく、ちゃんと使えます^^

キヤノンフォトサークル  CANON EOS M3 モニターセットレビュー #5


 ざっと使って見た感じでは、とても癖がなく?普段から APS-C(EOS Kiss) を使っているので絵の仕上がりも違和感がありません。悪い言い方をしてしまうと、一眼レフをそのまま小さくしただけとも言えますが、このコンパクトさでいつも使っている一眼レフと同じ絵が上がってきてしまうのはとてもありがたいことですね♪ 本気でミラーレスの導入を検討したくなっちゃいます(^_^;

 次回は実際の写真を掲載しながらもう少し様子を見ていきたいと思います。

キヤノン:一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ EOS M3|概要
キヤノン:キヤノンフォトサークル

All photos on Flickr

Follow me on: Facebook | Facebook page | Google+ | Twitter | blog | PHOTOMOVIN’ (Podcast)

「キヤノン EFレンズ体験会 in 新潟 長岡 〜国営越後丘陵公園ネイチャー&ポートレート撮影」に参加してきました。

 新潟でキヤノンのイベント「キヤノン EFレンズ体験会 in 新潟 長岡 〜国営越後丘陵公園ネイチャー&ポートレート撮影」」があるということで、大変な時期ではあるんですが滅多にないイベントなので行かなくちゃ!ってことで参加してきました。


 まずは写真家 合地清晃先生のレンズセミナーから。
 レンズの特製から使い方。意外と知ってるようで知らない細かいところをお聞きできてとても参考になりました。

2015.04.25 キヤノン EFレンズ体験会 in 新潟 長岡 〜国営越後丘陵公園ネイチャー&ポートレート撮影 1



 受付とセミナーの順番は前後しますが、今回の目玉である高級 EF レンズ体験♪
 ボディのほうも借りられたんですが(要予約)今回はお目当てがなかったのと、普段使っているボディで試したかったということでレンズのみ。
 今回定員が150人に対して、ざっと見た限り100人近く参加していたと思うんですが、貸し出しコーナー(先着順)に置いてあるレンズの数の多さにビックリ。さすがキヤノンさん太っ腹ですね〜。

2015.04.25 キヤノン EFレンズ体験会 in 新潟 長岡 〜国営越後丘陵公園ネイチャー&ポートレート撮影 4



 で、今回私が借りたのは EF70-200mm F2.8 IS II USM というレンズ。
 理由は比較的単純明快で、キットレンズが不調というのと1本いい望遠ズームレンズを検討中だから。あくまで検討中σ(^_^;)

 借りてからは基本的に今回行われている国営越後丘陵公園内で終了時間まではフリー撮影OK。なんともありがたいですね♪
 わたしは時間がなかったんですが、あまっている貸し出しレンズがあったらしく、再度別のレンズもお試しできたようでした。

115/366 days photography S2



 実際使ってみたところ、とにかく扱いやすいのひとこと。
 このチューリップの写真も結構距離があるんですが、見た瞬間にそこから望遠でサクッと切り取れちゃいます。

#00440674 負けず嫌い



 普段は風景写真が多いので、どちらかというと標準〜広角側だけでいいかな。というイメージだったんですが、そういえば今まで届かなかった少し離れたあそこを切り取りたい!と言う場面があったのは事実で、やっぱり望遠は1本あるといいな〜と実感した1日でした。
 欲を言えば、普段シグマさんのレンズを使いすぎているせいか、もう少しキレが欲しいなぁ。という印象ですが、素直な描写はオールマイティに使えるからいいのかもしれません。

#00440675 第二章



 夕方までフリー撮影。も、いいんですが、今回の第2イベント(メイン?(笑))、ポートレート撮影。
 合地清晃先生と EOS インストラクター講師によるポートレート撮影。2班に分かれても結構な大所帯の撮影でかなり目立っていましたが、広い場所だったのであんまり迷惑がわれてなくてよかったです。場所を確保してもらっているとはいえ通常のお客様と混じってるのでやっぱり気を遣いますよねσ(^_^;)

2015.04.25 キヤノン EFレンズ体験会 in 新潟 長岡 〜国営越後丘陵公園ネイチャー&ポートレート撮影 2



 普段は風景相手なのでなかなか人物撮りは難しくて最後まで決定打が見いだせませんでしたが、とてもいい経験になりました♪
 撮ってる方としてはあっという間でしたが、今回はとてもいいお天気でモデルさんは2時間近く大変だったでしょうね〜。ほんとお疲れ様でした。

 今回お世話になった3人のモデルさんです。

 モデルの SHIZUKA さん。

#00440676 SHIZUKA



 モデルの南 里佳さん。

#00440677 Rika Minami



 モデルの今井 えりさん。

#00440678 Eri Imai



 最後はプリントサービス。
 で、事前アナウンスはなかったんですが、jpg のみ対応。なんですって!? 普段 RAW だけで撮っている私はダメ!ってことになるはずだったんですが、つい先日から実は RAW + jpg で撮るように変更していてそれが功を奏しまして、スタッフの人は jpg のみしかダメかもしれません。って言われたんですが試してみたら大丈夫でした!何か天からの思し召しだったんでしょうか。そなわけないか(笑)

 プリント、アンケートを記入してグッズとレンズパンフレット!(やばい!(笑))をもらって無事に終了。

2015.04.25 キヤノン EFレンズ体験会 in 新潟 長岡 〜国営越後丘陵公園ネイチャー&ポートレート撮影 3



 お借りした EF70-200mm F2.8 IS II USM は望遠ズームと言うことでそれなりの重量はあるんですが思っていたよりは重くなくて、午前中1時間、ポートレート撮影で2時間、計3時間くらい、計700枚以上撮って振り回しっぱなしでしたが、手持ちでもそんなに苦にならず、ぶら下げていても案外邪魔にならずいいサイズ感でした。

 さすがにフォトウォークでは出番は少ないと思いますが、携帯性と描写性能のバランスが個人的にいいバランスだなぁと思いました。

 懐事情的にすぐには手は出ませんが EF レンズの減価償却を考えると決してバカ高いというわけではないので1本欲しい候補に急浮上ですね♪

 ポートレート撮影に関しては落第点ですσ(^_^;)

 もうちょっと少人数で撮影できる機会があれば嬉しいな。ポートレートの経験値あげたいですわ。

 そんなわけでとても有意義なキヤノンさんのレンズ体験でした。また新潟開催期待したいですね!

キヤノン:EF70-200mm F2.8L IS II USM|概要
キヤノン:キヤノンホームページ

All photos on Flickr

Follow me on: Facebook | Facebook page | Google+ | Twitter | blog | PHOTOMOVIN’ (Podcast)

PIXUS PRO LINE スペシャルサイト|Which? キャンペーンのプリントが到着!

 先日応募した キヤノンの「Which?キャンペーン」に当選した印刷が届きました♪

 「Which?キャンペーン」というのは、CANON のプリンターPIXUS PRO-10S 及びPIXUS PRO-100S で各 3種類の用紙に印刷、計 3,000名にしてくれるという、なんとも太っ腹なキャンペーンだったんです。

 届いたのをさっそく見ると、まー綺麗!!

 応募した作品はわざと暗い写真にしておいて正解。細かいところが黒つぶれすることなく綺麗な階調で印刷されていました。

 残念のは写真を撮ったものを印刷して、それをまた撮影してアップしてもなかなか伝わらないことですねσ(^_^;)

キヤノン:PIXUS PRO LINE スペシャルサイト|Which? キャンペーン #0001

 今回は用紙について

「キヤノン写真用紙・光沢 プロ[プラチナグレード]」

 おそらくコンテストとか作品展示に一番よく使われる、使いやすいんではないかと思う光沢用紙で、とても使いやすそうな用紙。黒のりもよくてつやっつや。
 作品が引き立ちます。

キヤノン:PIXUS PRO LINE スペシャルサイト|Which? キャンペーン #0003

「キヤノン写真用紙・プレミアムマット」

 マット用紙の場合、比較的?ポップな作品に合うような気がしますが、黒ベースの地味な写真だと逆に渋みがましてもっといい意味で地味な味になりますね。

キヤノン:PIXUS PRO LINE スペシャルサイト|Which? キャンペーン #0004

「キヤノン写真用紙・微粒面光沢 ラスター」

 この用紙はもしかしたら初めてかもしれません。

 光沢がありつつも梨地状になっているので、高級な和食器みたいな質感。といえばいいのかな。高級感と渋さが同居する感じで、今回の地味な写真には一番合っていました♪

キヤノン:PIXUS PRO LINE スペシャルサイト|Which? キャンペーン #0002

 自分用の写真は普段ウェブ上で完結しているのでなかなか印刷しないんですが、こうやって印刷物になってくるとやっぱりいいもので、しっかり撮り終わった。というなんともいえない実感がわきますね。

 ちょっといい写真印刷用のプリンターが欲しくなりましたσ(^_^;)

 いや〜、それにしてもキヤノンさん太っ腹ですね♪

キヤノン:PIXUS PRO LINE スペシャルサイト|Which?


Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial