以前からお伝えしている Mac OS X 内のデジタルカメラ RAW で現像(Aperture などで)した場合、青色が変な色に現像されてしまう(画像左)が、どうも直ったもよう。

screenshot

 多分、デジタルカメラ RAW 互換性アップデート 6.05 のアップデート後に改善されたようで、 Aperture を開いて以前の現像写真を開くと画像の上のように「この写真は古いバージョンのアップルの RAW 処理を使って調整されました」と、出るので、再処理すると、青色の変色が良くなりました。
 私は CANON を普段使っているのですが、デフォルトだと DPP とはまた少し違い、まだ濃いめの現像ですが、これで安心して以前のように現像できそうです。
 
 ただ、そのせいか Aperture がやけに重くなったような気がしないでもないですσ(^_^;)

つぶやき: やっぱり Mac OS X の Camera Raw はおかしいまま。
Aperture (Mac OS X 側?)の RAW 現像について。 | Apple サポートコミュニティ

 iOS 8.3 にしてから、アプリのアップデートをする度に9割以上の確率で iOS が勝手に再起動してしまう症状が発生していたんだけど、iOS 8.4 にしてからようやくそれがなくなり、精神的に安定・いやはやσ(^_^;)

 それにしても、「すべてをアップデート」が幅をきかせすぎてて、個別にアップデートしたいのに不意に押してしまうことがあるから、どうにかしてほしいわね。