先日応募していた「FUJIFILM Xシリーズ × 東京カメラ部モニターキャンペーン」に当選しましたのでレビュー。

 届いたのは X-T1 !! これじっくり使ってみたかったんです!

 ということで、まず X-T1 のスタイルと使いはじめから見ていきましょう。

 私はフィルム時代のカメラは使ったことはありませんが、カメラというと、この X-T1 のようなクラッシックなデザインを思い浮かべる人も多いんじゃないでしょうか。

 わたしも実はそうで、とっても懐かしくもしっくりくるデザインで好きです。特に上面のアナログ感なダイヤルが個人的になおそそります(^^)

『花の写真館 富士フイルム「Xシリーズ」最新モデルモニターキャンペーン』×東京カメラ部 モニターキャンペーンに当選 #0001



 デザインそのものはクラシック風ですが中身は現在のデジタルカメラ。機能がこれでもかと言うほどてんこ盛りで全てを扱うのはなかなか大変そうですが、メニューは比較的わかりやすくなっているので好印象です。

 1タブ1画面になっていますので、項目をスクロールで探す必要がありません。厳密に言うと細切れのスクロールですが、まれにタブになっているにもかかわらずタブ内でさらにスクロールするという風にはなっているものがありますがあれほどいただけないものはありません。

 ただ、メニュー自体はわかりやすいのですが、十字キーが小さいので男の人には少々操作が辛いかもしれません。もう少し大きくするか突起をもう少し出してくれると良かったかもしれませんね。

『花の写真館 富士フイルム「Xシリーズ」最新モデルモニターキャンペーン』×東京カメラ部 モニターキャンペーンに当選 #0002



 外装でやはり一番目を引くのは大きなダイヤルが3つではないでしょうか。それに加えてグリップ前面と背面の小さなダイヤル。こんなにいるの?と思わなくもないんですが、まず左から ISO、シャッター速度、露出。になっているのですが、これはもう慣れしかないと思います。実際に何日か使っていると案外気になりませんでした。

 絞りは?というと、基本的に全てレンズに付いているリングで調整します。

 最近のデジタルカメラはほとんどボディ側のダイヤルで調整できるので最初は違和感ありありだったのですが、なぜか数日で違和感がなくなりました。なんでしょう、これ?σ(^_^;)

 はっきり言って動体撮影には不向き(たぶん無謀)な配置ですが、じっくり撮るには何ら問題ありません。むしろ理にかなっているんじゃないの?って思うほど洗脳されちゃっています。

 2点いまひとつなところがあるとすれば、ダイヤルが大きすぎて不意に触ったりカバンの出し入れで動いてしまうこと。センターにロック解除ボタンはあるんですが、全ての場所でロックが掛かるわけではなく、上限と下限値のところといえばいいでしょうか。そこまではロックしません。なのでもう少しかためのダイヤルでも良かったかなと思います。

 もうひとつは露出調整ダイヤル。これいるのかな?もしかしたらわたしがマニュアル操作しかしないせいかもしれませんが、ここだけアマチュアっぽいといいましょうか。露出ボタンで輝度調整っていかにも写真始めたばっかり。って印象があってどうも。しかもダイヤルが動きやすくて困るのでいらなかったのでは?と思いました。

 実はよくできているのがグリップの前面と背面に付いている小さいダイヤル。

 シャッター速度ダイヤルで調整したさいにもうちょい調整したい。というときは前面のダイヤルで前後2段くらい調整できます(速度によって違う)。

 機能はその場によってさまざまですが、この小さなダイヤルは操作位置もいいですし、とても使いやすいです。

 全体的に操作感が他のメーカーと違って独特ではあるんですが、慣れるとかえって扱いやすいような気さえします。親指 AF ももちろん設定できますし。

『花の写真館 富士フイルム「Xシリーズ」最新モデルモニターキャンペーン』×東京カメラ部 モニターキャンペーンに当選 #0003



 モニターのキットレンズは FUJINON XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS なんですが、それに加えてもう1本一緒に来た FUJINON XF35mmF1.4 R 単焦点レンズ。

 35 mm 換算で 53mm と、いわゆる標準画角といわれる人の目の画角に近いというもの。

 昨年、毎日1枚写真を撮るという企画でこれに近い画角を使っていたおかげか撮影しやすかったです。

 このレンズを初めに使って思ったのはボケみの優しいこと♪

 今メインで使っている SIGMA 30mm F1.4 DC HSM も同じ F1.4 で撮影ときのぼけは美しいんですが、若干ざわざわする感じがあります。しかし XF35mmF1.4 R は、まー優しい。あとどう言えばいいんでしょうね。まー優しい^^;
 
 もし本体を持っていたらまっさきに揃えたい単焦点のひとつになると思います。そしてちょっと風変わり?なフードがやるきにさせちゃいます。

 操作性に関してはとくに問題ないんですが、できればインナーフォーカスがよかったかな。

『花の写真館 富士フイルム「Xシリーズ」最新モデルモニターキャンペーン』×東京カメラ部 モニターキャンペーンに当選 #0004

『花の写真館 富士フイルム「Xシリーズ」最新モデルモニターキャンペーン』×東京カメラ部 モニターキャンペーンに当選 #0005



 さらにモニターで一緒に来たマクロエクステンションチューブ CEX-16/MCEX-11。

 通常のレンズをお手軽にマクロレンズ風の写真を撮るためのエクステンション。ふたつセットの商品のようで、16 のほうが一番寄った撮影ができます。

 ただ、中望遠のマクロレンズと違ってエクステンションでの撮影は自分が対象物にぴったり近づかないといけないので、花など動かないものははいいのですが虫など動くものは難しいです。

 ですが、簡易接写でも写真の世界観がまるっきり変わるのでひとつ持っていると幅が広がって楽しいです。また、強力な手ぶれ補正機能がある最近のデジカメだと意外とサクッと撮れてしまうんですね。 

『花の写真館 富士フイルム「Xシリーズ」最新モデルモニターキャンペーン』×東京カメラ部 モニターキャンペーンに当選 #0007



 フラッシュは標準装備で、使わないときはパタンとつけたまま倒せます。

『花の写真館 富士フイルム「Xシリーズ」最新モデルモニターキャンペーン』×東京カメラ部 モニターキャンペーンに当選 #0006



 細かい使い勝手はまた後程、ということで、いくつか作例をば。

#00440646 ぷちせーのび


#00440648 かわらない桜 かわっても桜


#00440636 そよ風に


#00440634 恋の忘れもの


 順次 Flickr にはアップしていますのでよろしければこちらからもご覧ください。

『花の写真館 富士フイルム「Xシリーズ」最新モデルモニターキャンペーン』×東京カメラ部 モニターキャンペーンにて撮影した写真 on Flickr

 ということで、1週間ほど使った感想をひとことでいうと「返したくない!(欲しい)」につきますね(^^;

 普段は APS-C の一眼レフを使っていてフォトウォークでも特別重いとか苦になることはほとんどないんですが、今回使ってみてコンパクトな APS-C ミラーレス。しかも X-T1 はローパスフィルターレスで写りも大満足!

 そしてなんといっても携帯性の良さ。ボディ、レンズを同じ本数持っていても倍近く軽量化できますし、写りもほぼ同じ、狭いところ山登りもさらにしやすくなります。う〜ん。ちょっとまじめに導入考えちゃう。。。。かもσ(^_^;)

 さて次回はもうちょっと細かい使い勝手などを書こうかなと思います。

東京カメラ部 (Facebook)
FUJIFILM X-T1 | 富士フイルム
フジノンレンズ XF35mmF1.4 R | 富士フイルム
マクロエクステンションチューブ MCEX-16/MCEX-11 | 富士フイルム

All photos on Flickr

Follow me on: Facebook | Facebook page | Google+ | Twitter | blog | PHOTOMOVIN’ (Podcast)

 毎度、発売されたら。ということで、近所の電気屋さんに新しい MacBook (12”)があるか見てきました。
 意外?にもゴールドの 12 インチモデルが1台展示されていました。

 iPhone のゴールドは比較的印象は良かったんですが、、、、こ、これは。。。。
 個人的に今回の3色展開は(というよりは iPhone から)完全にちゃいにーず向け。と思っているんですが、まさしく。

 ゴールドっていうよりは濃いめのシャンパンゴールド(同じかσ(^_^;))って感じで、光が当たると品よく見えるんですが、、、。

 ま、色は好き好きですからね。

 にしも問題のスペック。
 ここまで拡張をそぎ落として Retina 。。。。これまた何とも。
 個人的には通信から電源まで(今回はさすが無理ですけど)ワイヤレスネットワークで全て完結を目指しているんであろう Apple のある意味理想型のラップトップだとは思うので賛同しないわけではないんですが、やっぱり「また」早すぎた。。。。のかな。
 
 この先、MacBook Pro Retina 15” 相当の性能で電源からネットワーク、ドライブもろもろワイヤレスネットワークで完結するモデルが数年後出たら嬉しいな。

Apple – MacBook

 先日応募した キヤノンの「Which?キャンペーン」に当選した印刷が届きました♪

 「Which?キャンペーン」というのは、CANON のプリンターPIXUS PRO-10S 及びPIXUS PRO-100S で各 3種類の用紙に印刷、計 3,000名にしてくれるという、なんとも太っ腹なキャンペーンだったんです。

 届いたのをさっそく見ると、まー綺麗!!

 応募した作品はわざと暗い写真にしておいて正解。細かいところが黒つぶれすることなく綺麗な階調で印刷されていました。

 残念のは写真を撮ったものを印刷して、それをまた撮影してアップしてもなかなか伝わらないことですねσ(^_^;)

キヤノン:PIXUS PRO LINE スペシャルサイト|Which? キャンペーン #0001

 今回は用紙について

「キヤノン写真用紙・光沢 プロ[プラチナグレード]」

 おそらくコンテストとか作品展示に一番よく使われる、使いやすいんではないかと思う光沢用紙で、とても使いやすそうな用紙。黒のりもよくてつやっつや。
 作品が引き立ちます。

キヤノン:PIXUS PRO LINE スペシャルサイト|Which? キャンペーン #0003

「キヤノン写真用紙・プレミアムマット」

 マット用紙の場合、比較的?ポップな作品に合うような気がしますが、黒ベースの地味な写真だと逆に渋みがましてもっといい意味で地味な味になりますね。

キヤノン:PIXUS PRO LINE スペシャルサイト|Which? キャンペーン #0004

「キヤノン写真用紙・微粒面光沢 ラスター」

 この用紙はもしかしたら初めてかもしれません。

 光沢がありつつも梨地状になっているので、高級な和食器みたいな質感。といえばいいのかな。高級感と渋さが同居する感じで、今回の地味な写真には一番合っていました♪

キヤノン:PIXUS PRO LINE スペシャルサイト|Which? キャンペーン #0002

 自分用の写真は普段ウェブ上で完結しているのでなかなか印刷しないんですが、こうやって印刷物になってくるとやっぱりいいもので、しっかり撮り終わった。というなんともいえない実感がわきますね。

 ちょっといい写真印刷用のプリンターが欲しくなりましたσ(^_^;)

 いや〜、それにしてもキヤノンさん太っ腹ですね♪

キヤノン:PIXUS PRO LINE スペシャルサイト|Which?


 ここのところ Mac OS X のメモリがいつも立ち上げているアプリだけしか使用していないにもかかわらず仮想メモリをドンドン食うのでおかしいなと思ったら、CalendarAgent というのがメモリを侵食して、いわゆる暴走状態になっていました。

 過去にも mds とかいろいろ暴走がありましたがカレンダー関係ははじめてかもしれません。
 
 さっそく検索して調べてみたところ、一時的に回避するには Activity アプリから削除すればいいのですが、標準のカレンダーを使っている以上また起動してしまいます。完全に削除する方法もあるようなのですが純正のカレンダーの使用が前提の場合(私もなのですが)そうもいきません。
 そこでさらに検索してみると、どうも照会カレンダーと関係があるようでした。

 そこで照会カレンダー(http://〜/〜.ics などで終わる配信を登録しておくものなど)のカレンダーを全てオフにしたところ暴走が止まりました。
 即止まらない場合は Mac OS X を一度再起動。

 しかし、それもまた不便になってしまうのでひとつひとつ戻したところ、どうやら配信が止まっていたり、更新に時間がかかるものだと暴走してしまうようで、そういったものを除いて整理したところ今のところ暴走しなくなりました。
 お試しあれ。