Eye-Fi Share Wireless SD Cardを使ってみる。

 以前から気になっていたEye-Fi Share Wireless SD Cardを導入しました。
 どう言ったものかというと、SDカードに無線LANカード機能が付いていて、撮影した写真をそのままパソコンやFlickrなどのオンラインサービスにWi-Fi経由で転送できるという代物です。
 何が良いかというと、撮影したデータを、いちいちデジカメからSDカードを外してカードリーダーなどに差して、また戻して。。。や、デジカメにUSBケーブルに差すなど。と、言った作業がなくなります。あまりデジカメを使わない人は気にならないかもしれませんが、オークション出品や仕事でブツ撮りをよくするような場合、便利になると思います。

データの落とし込みが楽々!

 まずはじめに、付属のUSBカードリーダーでSDカードをパソコンに接続して、アカウント登録、無線LAN、データを落とし込む場所(パソコンかオンラインサービス)などを設定します。パッケージ内の説明通りにやれば難しいことはないと思うので、詳しい設定方法は省略させて頂きます。

 設定が完了したら、あとは通常通りデジカメに差して撮影するだけ。撮影直後、瞬時にとは行きませんが、しばらくするとパソコンに自動的にアップロードされています。アップロードタイミングは、回線や接続具合に危惧されますので、一概に言えませんが、何十枚か撮影して試したところ、1枚、約4M弱のファイルで、最短、撮影直後から30秒程度で転送できました。
 1枚だけ撮影。と、いうのはあまり向かないと思いますし、あまりないとも思うのですが、撮影しているだけで、勝手にパソコンにどんどん転送されていくのは感激です。撮影タイミングや、あまり連続だとパニクっちゃうみたいですが(笑)、そのときはデジカメの電源をオフ、オン。にするだけなので、また再設定。みたいな面倒なことはありません。

 日本版はまだ2GBしかなく、今のところ画像のみ対応で動画はアップロードできません。本国版は4GBまで対応していて、4GBの動画アップロード対応まで待とうかな〜。と、思ったのですが、iPhone版でも使いたいというのがあったので、購入しました。

 iPhone版は、こちらの製品でアカウント登録しないと使えませんが、登録さえしてしまえばAppは無料ですし、iPhoneでも撮影しながらアップロードが可能になります。
 iPhoneだとiPhotoくらいでしょうか。正規に撮影ファイルを取り込めるのは?(後何かあったかな?)。iPhotoを使わなくても、フォルダに勝手にファイルが入るので、確認だけなら充分便利。私はiPhotoを使わないのでかなり重宝しそうな予感です。

 デジカメでオンラインサービスに直接送る。と、いう利用方法は個人では使う人が少ないような気がしますが、イベント時にリアルタイムで現地の様子を流す。と、いう使い方なんかだと面白いかもしれませんね。

動作環境は
Ricoh R8
MacBook
Air Station


Eye-Fi Japan
Eye-Fi
【初回限定パッケージ!】【送料無料キャンペーン中!】Eye-Fi Share(アイファイシェア)
Eye-Fi Share SD型ワイヤレスメモリカード 日本版(正規品)
Eye-Fi [iTunes]icon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です