Eye-Fi (App)

 Eye-Fi Share Wireless SD CardのiPhone版App「Eye-Fi」
 これを使えば、iPhoneで撮影したデータを、パソコンやオンラインサービスに簡単に転送できるようになります。
 必要なものは、Eye-Fi Share Wireless SD Card(有料)とEye-Fi App(無料)

 iPhoneはご承知の通りメモリカードは使えないので、実際のEye-Fi用SDカードは使わない(使えない)のですが、SDカードを購入して、アカウント登録することによって、無料のEye-Fi Appが使用可能になります。

 設定は難しくなく、あらかじめEye-Fi SDカードの方でアカウント登録後、Appを立ち上げてアカウント設定するだけでOK!

オンラインサービスなら3Gも可。

 iPhoneで撮影したデータをパソコンやオンラインサービスに転送することが可能できるようになります。

 Wi-Fi経由だとパソコン、オンラインサービスにアップ可能で、
 3G回線だと、オンラインサービスにしか転送できません。

 Eye-Fi Appで撮影も可能で、撮影直後転送されますが、3G回線の遅さがネックでしょうか。エラーが頻発しました。連続して送りたい場合は、通常のカメラAppで撮影後、ファイル転送だけ行った方がストレスなく使えそうです。
 また、エラーが出ても転送自体はうまくいっている場合もあるので、出先で使う場合は、メールによる転送完了通知などの設定をしておいた方が、わかりやすいかなと思います。

 iPhoneの撮影データが簡単に転送できるのは、通常のEye-Fi SDカード版同様、便利です。撮影しながら3G回線でサーバにした自宅のパソコンにガンガン転送できれば、もっといいんですけど、オンラインサービスにプライベートフォルダなどの非公開フォルダにアップロードするようにしておけば、出先からも転送してオンラインストレージ化できますから、帰ってきたらそこからダウンロードする。と、いった方法を使えば、いちいちiPhoneをケーブル接続しなくても写真が取り込めるのは便利かなと思います。


Eye-Fi [iTunes]icon
Eye-Fi Japan
Eye-Fi
【初回限定パッケージ!】【送料無料キャンペーン中!】Eye-Fi Share(アイファイシェア)
Eye-Fi Share SD型ワイヤレスメモリカード 日本版(正規品)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です