YouTube Options for Apple Safari ; Safari で YouTube の再生設定(デフォルト高画質など)を変更できる機能拡張。

 最近 YouTube もあまり見なくなってしまったんですが、Safari で見るときにちょっと気になるのが再生画質のデフォルト設定。どうも YouTube 側では初期設定は変更できない?ようで、Firefox などはエクステンションで変更できたりするんですが、Safari 用はないかと探していたら YouTube Options for Apple Safari といういい機能拡張がありました。

 通常どんな回線でもデフォルト再生画質は真ん中固定?なのですが、

デフォルトだと中画質?

 この機能拡張を入れることでお好みの設定に固定できるようになります。
 設定項目内の「Viewing quality:」を「Highers」にしておけば、これでいつでもデフォルト高画質再生も OK!

多機能な設定項目。

 設定項目も多数あって、広告を削除したり必要なところだけ表示できたりとなかなか高機能です。

いつでも高画質設定が可能!

 オンラインでも HD 動画が当たり前になってきているのでブロッキーな画質だとどうも目が疲れてしまうお年頃なので、これで画質設定をいじることなくいつでも(高画質でアップされていれば)高画質で気持ちよく見ることができるようになりました♪

Apple – Safari – Safari Extensions Gallery ページの「Entertaiment」から「YouTube Options for Apple Safari」のインストールボタンより。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です