つぶやき: やっぱり Mac OS X の Camera Raw はおかしいまま。

 Mac OS X がサポートしている Camera RAW は Aperture や iPhoto で各種メーカーの RAW ファイルが読み込めて便利なんですが、いつのころからから色の再現性が少しおかしい。
 以前もとりあえげたけど青が特におかしい。
 でもこれは致し方ないことなのかな。と最近はあきらめてメーカー純正の現像アプリを積極的に使うようにしている。
 RAW のフォーマットも違えば、センサーから受けるデータも機種によって違うわけで。それをひとつのアプリで現像しようというのが無理というもの。もちろんメーカーから出しているものはきっちりしている(と信じているσ(^_^;))
 色の再現性がおかしいな。と思ったら、再度(一度?)メーカー純正のアプリがあれば試してみた方がいいと思う。

Aperture (Mac OS X 側?)の RAW 現像について。 | Apple サポートコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です