iPhone 4 パンダ。にしてみました(バックプレートだけ iPhone 4 ホワイト化)。

 iPhone 4 購入当初から考えていた、背面パネルのホワイト化をやってみました。と、いっても、そっくり交換するだけなんですけどね(^^;
 
背面パネルのみホワイト。

 本当はホワイトモデルが欲しかったものの、同時に発売しないとわかって黒にしたんですが、ホワイトモデルが出たらパーツもゴロゴロ手に入るだろうから、そのうち。と、前々から思っていました。
 が、まだホワイトモデルは発売すらしていないものの補修部品としては正規に出回っているとのことで、ゴニョゴニョして手に入れることが出来ました。
 一応、今回手に入れることが出来たのは「正規品らしい」です。

前面は普通の黒。

 部品さえ手に入ってしまえば、ひとつの難関を除いて背面パネルの交換はシゴク簡単です。
 その難関というのが、日本だけ?の、Dock コネクタ脇にある特殊形状のめちゃくちゃ小さいネジ溝。トルクスでも5溝(小)より小さい、特注らしいネジ。ウェブ検索でもいくつか当たってみたけど規格もののドライバーではないようで、とある会社に特注見積もりを聞いたら5諭吉以上かかると言うことでした。さすがに2本外すだけに5諭吉はムリ。。。(^^;

特注っぽいネジ。

 当初、私も頭を悩ませたんですが、検索中、ちょっと落ち着いて考えてみたら、わりと簡単な方法でなんとか行きまして、これは書いていいやらわるいやら。ってことで、今は伏せさせていただこうかなと。そのうちドライバーが出回る可能性もあるかもしれませんしね。
 きちんとゆるみ防止剤も付いているので、なまじサイズの合わないドライバーでやるとすぐなめちゃう可能性ありで注意が必要。私も若干なめましたが、今はほぼ同サイズのプラス頭のビスにスワップして、いつでも外せる状態に。

角っこから。

 ま〜、そんなこんなで、ちょっとのあいだ、パンダモデルで優越感に浸ろうかなと(^^)

 ちなみにバックパネルは、カメラ、LEDライトの拡散用と思われるカバーがないものだったので、フィルムで保護してあげています。
 部品を探す場合、模造品も多いし、同じ名称でも私が手に入れたもののようにレンズカバーがないものがあったりと、なかなか面倒なので普通の人にはオススメできません。もちろん分解は保証外にもなりますしね。

側面から。

 どうしても白にしてみたい。と、言う人は、あいらぼさんやiPhone Factoryさんにご相談してみましょう。もちろん、この場合も保証は外れますが。※リンク参照

iPhone 4 and iPhone 3G

iPhone3G/3GS iPad ガラス修理・液晶交換 ・電池交換・各種修理交換・即日修理 あいらぼ
iPhone修理・パーツ・アクセサリ販売の専門店[ iPhone-factory ] 最短15分でiPhone3G/3GS/4、iPod touch、iPadの傷・破損・割れ修理、バッテリー交換。横浜・関内店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です