間瀬元朗 – イキガミ と 諌山創 – 進撃の巨人

 忙しいときに限って余計なことをしたがるもので、ちょっと面白いよ。って、ことで借りた漫画を2作ほどサクッと読みました。

 ひとつめは「イキガミ」
 人の寿命をコントロールして、人が人の死の宣告を職業とする人のお話。
 ネタバレにならないように詳細は書きませんが、前半はちょっとイイお話です。ただ、回が進むにつれてちょっと苦しいシチュエーションかな〜という感はありますが、今後の展開に期待。

イキガミ 4―魂揺さぶる究極極限ドラマ (ヤングサンデーコミックス)


 もうひとつは「進撃の巨人」
 謎の巨人が人間を襲うというもの。
 いきなり本編から離れますが、ビックリした顔になるとみんな同じ顔に見えてしまってそれに慣れるまでちょっと疲れましたが、内容的には単なる弱肉強食の世界だけではない、主人公の秘密などなど、ちょっと暗い過去のお話があったりと、一筋縄ではなさそうな今後の展開に期待できそうな予感です。

進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)


 いづれも前半は結構のめり込んじゃいました。

イキガミ – Wikipedia
進撃の巨人 – Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です