バインダーボールとメモ帳。

 世の中はペーパーレスに向かっていますが、電子デバイスが増えれば増えるほど準備段階の予備メモ用の紙が今までより増えているような気がする私。そして最新であると思われるスマートフォン(iPhone)を持っているはずなのに全然使いこなせていない私です(笑)

 そんなわけなんですが、今まではいらなくなったコピーを手頃なサイズに裁断した裏紙を駆使していたんですが、出先や余りなじみのない人と会うときには少々取り出しづらく、また手帳だとメモには少々コストパフォーマンスが悪いので、年も改まることですし、コストパフォーマンスとちょいオサレ感がでそうなものを検索していたらなかなかいいものがありました。

  • ペンは、サンスターのバインダーボール (0.7mm)
  • メモは、RHODIA ブロックメモ No.11 7.4 x 10.5cm の LINED タイプ
  • ペンの太さ変更に、ゼブラのボールペン替え芯 4C-0.5芯

 をチョイスして、こんな感じです。ポケットにさっと入って取り出しやすく、メモやノートで困るのが実はペンの収納。でも、バインダーボールはペン自体がクリップというかクリップにペンが付いているというか、メモにパッと挟むだけでOKなので脱着が非常にスムーズ♪

こんな感じでセット。

 メモはフランスの有名なロディアのもの。メモはだいたいいずれ捨ててしまうものですがコストパフォーマンスも良いほうです。オサレすぎず、さりげなくオサレなブロックメモ。実用的なラインタイプです。案外この辺のブロックメモはマス目が多いんですが、個人的にはラインか無地が好きです。

 唯一、バインダーボールの個人的にいけないと思ったのはペン先が 0.7 mm ということ。なぜかこの手の携帯型のペンは 0.7 mm が多いんですが、実用的には一番多い 0.5 mm がよかった(書きやすいかな)と思います。メモも小さいですからね。
 ただ、専用の替え芯は出ていないんですが、ゼブラのボールペン替え芯 4C-0.5芯 というのを使用しているボールペン替え芯とほぼ同一サイズなので、こちらに替えちゃいました。他にもパイロットのジェルインクのもので大丈夫そうなものもありました(型番忘れちゃいました(汗))ので、油性ではないのが好みの人はそちらへも変更できそうです。
 この辺の替え芯は、0.4, 0.5, 0.7, 1.0 mm くらいまで幅があるので、好みに応じて変更するといいと思います。
 余談ですが、今まで個人的に 0.4 mm が一番書きやすかったんですが、最近は 0.5 mm。体調の変化?(^^;

意外と持ち書きやすい。

 もともと文具大好きなので見に行くだけでも楽しいんですが、いろいろ自分なりの組み合わせを考えるのは、なお楽しいですね。ま、その分よけないものが増えてしまい、益々エコじゃなくなってますが、企業には還元してるかもしれませんね(^^;

サンスター文具 | バインダーボール
RHODIA|ロディア|公式ホームページ
ZEBRA | ゼブラ株式会社 | 油性ボールペン替芯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です