IDEなSSD。

 時代はIDEからSATAに完全移行になりつつありますが、旧資産(古いマック)を生かすにはIDEなSSDが欲しいよね。しかも3.5インチで。と、探していたら、中々良さそうなものが。
 株式会社モバイルモードのPhotoFast G-MONSTER SSDという商品。

 私は聞いたことないメーカーなんですが、ちゃーんと、対応機種にMac OS Xが書いてあるのが嬉しいです。それだけで欲しくなってしまいました(笑)
 現在、ラインアップは32、64、128、256G。自宅のファイルサーバ用のマックには32Gで充分なので、ちょっと冒険してみようか検討中。なぜなら、もうHDが壊れかけて、よく止まるので(滝汗)
 また、初代iMac(G3 266Mhz)も、SSDで爆速で動いたりするかもしれないなぁ。無理かー。でも、やってみたい。なんて想像が一人歩きしています(笑)

 まじめな話、HDでも、回転数を上げたり新品を入れたりすると、旧型の方が「おおぉ!」と、声を出してしまうほど、見違えることが多々あるので、旧型機ほどSSDを入れてみたい商材ですね。


株式会社モバイルモード==PhotoFast G-MONSTER SSD==

0 Comments

  1. 返信
    Ponta Sat, Feb 21, 2009

    私のThinkPadには、64GBのSSD入れてます。
    最近は安くなりましたよねぇ。(もっと安くなると思いますけど)
    メカ的なボトルネックが無くなりますんで、マジ速くなりますよ♪
    アチラの復活を願っております(^_-)

  2. 返信
    でいじー Sat, Feb 21, 2009

    ホントホント。 HDDがシステム全体のパフォーマンスのボトルネックになってるケースって結構多いですよね。 特に古いシステムでは多いと思います。

    うちの古いDynabookもSSDへの換装を考えてますが、1.8インチのPATA、しかもコネクタも東芝独自タイプなので、非常に選択肢が限られてきますし、非常に高いです。 もっともHDD自体も、1.8インチは、2.5インチに比べると高いのですが…。

    なお、先日ちょっと計算してみたら、”本当のSSD” でなくとも、133倍程度の激安コンパクトフラッシュメモリをCF-PATA変換基板などでつないでも、工場出荷時のHDDよりは早いようなのでwこれで遊んでみるのもいいかも…とも思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です