iPodシリーズ一新。更にカラフルに。でも、その真意は別かもしれない。

 噂通り。いえ、今回は予定通りといったところでしょうか、9月9日にiPodシリーズ一新しました。

 まずは大まかですが、
 iPod shuffleは新カラー。

 iPod Classicは容量を1本に絞る。

 iPod nanoはニューデザイン&カラーバリエーション増加、加速度センサー装備。

 iPod touchはiPod初(だよね?)スピーカー内蔵。

 と、いったところ。お値段は驚くほど変わりませんでしたが、前モデルよりお求めやすくなりました。

 やはり一番目の目玉はiPod nano。
 某国産携帯電話よろしく、パントンカラーっちくなカラーバリエーションの増強で、更にユーザーを拡大していこうというところでしょうか。加えて、加速度センサー搭載で、専用?ゲームもできるようです。
 ただ、加速度センサーゲームだと、イヤフォンのコードが邪魔になることしばしば。こっちにも内蔵スピーカーが欲しいと思いますが、ここは次期アップデートにあえて持ち越しと言ったところでしょうかね。
 デザインに関しては好みがあると思いますが、個人的には以前のコンパクトタイプの方が好きでした。これだと持ち運びがちょっとね。と、いうところです。あ、もちろん買う予定はないんですが(笑)


 その内蔵スピーカーをついに搭載したiPod touch。
 もう。始めから搭載してくれればなぁ。買い換えなくちゃダメじゃないですが(笑)<うそうそ。
 スピーカー内蔵=次は、ポータブルゲーム機市場を狙わんばかりの装備ですね。携帯電話の次はポータブルゲーム機市場を本格化。そんな予感さえあります。
 ちょっと話はそれますが、ゲーム機はもうスペック宇云々の時代ではありません。ポリゴンが何億動こうが何が速かろうが、結局ニンテンドーDSのように、遊んでいてダイレクトに楽しいと思えるものでなければ意味がありません。そう言った意味では、スペック的にはiPod touch/iPhoneも決してハイスペックではありませんが、現状、楽しいゲームは結構あります。へたな家庭用ゲーム機より売れる可能性がなきにしも。ちょっと高いけど(汗)
 残念ながらカメラやGPSなどは載りませんでした。おそらくiPhoneとの差別化だと思いますが、iPod=ミュージックプレーヤー。の、流れからすると、たぶん載らないような気さへします。どちらかというと、ポータブルゲーム機として何らかの刺客として登場する可能性があるかもしれませんね。やっぱり、iPortableとかiGame。iPlay。iGoing。iHobby。。。あげればきりがありませんね(笑)

 iPod shuffleはしばらく残ると思いますが、そろそろiPod Classicはお役ご免でしょうか。大容量を必要とする人もいるとは思いますが、日常的な使い方からすると、さほど大容量というのは意味がありません。聴きたいものをチョイスして入れ替えるのに意味があるわけで、常に自宅と同じライブラリを持ち運ぶ必要がある人は限られると思いますからね。メモリがもっと安価になれば、ハードディスクでのラインナップは少なからずなくなるかもしれません。

 今回はiPod nanoが目玉なわけですが、その一方で、ポータブルゲーム市場への拡大を密かに狙っているのをひしひしと感じたのは私だけでしょうか。
 現状のAppをそっくり使って「ポータブルゲーム機だ!」と、出すのは安直かもしれませんが、そこはアップル。やってくれそうな気配も?出したら出したで、ポータブル機の方をスペックアップして、iPhoneとポータブル機の差別化もまた図ることもできるでしょうし。

 既存ユーザーからすると、今回のアップデートはさほど魅力あるものではないかもしれませんが、新規ユーザーの方には更にお得なラインナップになりました。

 スポーツなどでアクティブに使う人にはiPod shuffle。
 音楽も動画も楽しみたく、個性も出したい人はiPod nano。
 とにかく音楽、動画を大量に持ち運びたい人はiPod classic。
 音楽も動画もゲームもしたい。と、言う欲張りな人はiPod touch。

 と、住み分けがわかりやすくなっています。更に電話も使いたいよ。と、いう人にはiPhoneしかありません(笑)
 やはりiPodの大成功が、今後も要になってきそうですね。

 そうそう。容量の話ですが、噂の64GB iPod touchは出ませんでした。技術面云々よりは、iPhoneが一番大きい原因ではないのかなぁ。と、思います。
 iPodは買い換えればスイッチは簡単に住む話ですが、iPhoneの場合は、携帯電話としての契約に関わってくるので、早々にラインアップを増やしても、市場で大きくスイッチする人が少ない可能性があるからです。仮に64GのiPod touchが出たとしても、果たしてiPhoneより高いiPodを買おうと思う人がいるかどうか(お金持ちは別として)。iPhoneで32G、64Gが出たとしても、恐ろしいお値段ですし。。。ま、その辺のことがあるんではないかと思います。


アップル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です