Safari 3.1。唐突?でしたね。

web制作に役立ちそう。

 Safariが3.1になりました。
 見た目も、速度も大きく変わった印象はありませんが、とりあえず新しいものはいいもんだ。って、ことで、アップデートしました。
 通常のブラウジングでは必要なさそうですが、デバッグモード?が「開発」と、いうメニュー項目となり(ただ日本語化されただけかな?)、使いやすくなりました。
 「Webインスペクタ表示」と、いうのがありまして、HTMLの中身や表示速度などなどweb制作に関わる人にはなかなか便利そうなものが付いています。よくわかんないけど、見ているだけでちょっと楽しい。
 また、キャッシュや画像、スタイルシートもオン、オフが簡単にできるので、画像表示いらねーよ。とか、スタイルシート前の構造チェックなどには結構便利そうです。

 環境設定を見ると、データベースの保存領域。ってのが増えたみたい。なんじゃこりゃー。

 今のところ問題は発生していませんが、毎回思いますが、アップデート直後は何故か重かったりよく落ちます。私だけ? 前のキャッシュか何かとの帳尻合わせがあるのか、数日すると元に戻るからいいのですが、何か腑に落ちない(笑)


アップル – Safari – ダウンロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です