Apple。Psystarを提訴。

 はなっからこうなることは分かっていましたが、以前御紹介した、クローンMacの無断販売をしたPsystarをAppleが提訴しました。

 全く許可のないAppleのOSを載せて販売。と、いうことで、間違いなく今回はAppleの勝訴だと思いますが、これが、複数のOSが動くハードとして、OSを載せない状態で販売していたとしたら、またちょっと違った展開になるようです。

 ライセンス等々の詳しい内容は記事を読んでいただくとして、紹介はしていませんが、USBドングルを使うことで、既存の某特定マザーボードにOSXがインストール&稼働可能という新たな手法も出ていますし、IntelCPUにしたメリット、デメリットが今後もポロポロ出てきそうな予感ですね。


アップル、MacクローンメーカーのPsystarを提訴 – builder by ZDNet Japan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です