翻訳こんにゃくでツーカーレロレロ?

英語が出来ればな。。。

 日本(人)の島では少ないですが、セカンドライフ(SL)内では、世界各国の人がいるわけですが、とにかく立ちん坊をしているだけでもよく話しかけられます。「ハロー」と、挨拶してくるのはいいのですが、「金くれ、金くれ」なんてのも多くてちょっとビビリます。
 やばそうなのは無視しますが、英語が分かればなぁ。なんて思う時もあり、どうしても。と、言う場合には、R246 Design storeで無料配布されている有名な、通称「翻訳こんにゃく」が役に立ちます。
 英語圏にも独特の略式や記号を使った挨拶らしきものがあり、さすがにそういうのは無理ですが、英語であれば大筋の内容の把握と発言が出来るのはなかなか便利です。


 使い方は簡単で、装備(身につける)と、左の方にマイクみたいなのが出るので、発言を訳したい人が現れたら、「+」マークをクリックすると、近くにいる対象者リストが現れるので選択します。
 逆に、こちらのは発言を英語にして欲しい場合は、マイクアイコンをクリックするだけ。日本語で話すと、少し置いてから発言内容を自動的に英語にしてくれます。
 文法、文法しているように話せば、たぶんちゃんと英語にされている見たいです。


R246 Degisn store


Second Life: Your World. Your Imagination.
Second Life: あなたの世界。 あなたの想像力。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です