QuickBootでスマート再起動

切り替えサクサク。

 MacOSXとWindowsなどのデュアルOSを入れていると、OSを切り替えたいときにいちいち環境設定から起動ディスクを呼び出さなくてはならず面倒なのだが、その手間を簡略化してしまうのがこのQuickBoot。
 文字通り素早く再起動できる。
 アプリケーションを立ち上げるんだから一緒じゃないか?と、思うけれど、そこが標準の起動ディスクと違うところで、「BootNow」を選択すると文字通りすぐ再起動するのですが、それは1回こっきりの設定(再起動)で、2回目は通常(デフォルトで)選ばれているOSで再起動する。
 つまり、通常はMacOSXを使っていて、1回(一時的に)Windowsを立ち上げたい。と、言うときに威力を発揮します。
 通常であれば、MacOSXに切り替えるためには、また起動ディスクを選択しなければなりませんが、その必要がないのでとてもスマート。
 「BootLatar」は、すぐには再起動させず、次回起動時の設定をするもの。こちらも同じで1回こっきりの設定。
 場面によってかなり重宝するソフトですね。

 ここでは、MacOSXとWindows(BootCamp)の説明ですが、外部ディスクのMacOSXも同様です。


Products :: QuickBoot :: Buttered Cat Software


○Windowsはほとんどミニゲームマシンとなってます(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です