Blueharvestでリソースを作らない。

200701-blueharvest.gif

 私もですが、MacとWindows共有をしている場合、Windows側に出来てしまうマック特有の「.DS_Store」や、「.」で、はじまるいらないリソースファイルは結構目障りだったりします。
 Appleでも作成を抑制する方法が掲載されていますが、いかんせん面倒だし、切り替えたい場合やフォルダ毎に設定もできないので不便。

. 1 「ターミナル」を開きます。
. 2 次の通り入力します:
defaults write com.apple.desktopservices DSDontWriteNetworkStores true
. 3 リターンキーを押します。
. 4 コンピュータを再起動します。

 そこで便利なのでBlueharvest。
 環境設定パネルにて容易に設定の変更やフォルダ毎の細かい設定も出来る。また、削除したいフォルダやディスクをドロップするだけで、検索して削除してくれる便利な機能も付いてて、なかなか重宝します。
 通常、数人で共有しているWindowsディスクは一切ファイルを作らない。
 でも、自分用のバックアップフォルダやディスクはそのまま使う。
 と、いったことも簡単にできて便利ですね。

 ただし、Windows側にも、ラベルカラーデータやFinder情報を残しておきたい場合は、これを使ってはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です