Tigerのメモリの動き

 Tigerを1週間仕事で通して使ってきたが、やはりPanther(10.3)に比べると重いようだ。というのも、仮想メモリを多く使い始めると極端に遅くなる。Pantherの時も遅くはなるのだが、なんとか耐えられる落ち具合だった。しかし、今回はどうも違う。といっても、Pantherを入れていたときよりHDが弱ってきているような気がするのでそのせいかもしれないので断言は出来ないが。。。
 しかし悪いことだけでなく、仮想メモリが上下する行程時に発生する、著しく遅くなる現象が改善されているようだ。64,126,256,512,1024,2048MB。。。と、仮想メモリサイズが切り替わる瞬間の特に512←→1024以上の時は待たされるときもあったほどだが、それが今回ほとんどない。終了時にも素早く電源が落ちる。
 PowerBookG4/667は1Gしかメモリを積めないが、これが2Gまで対応していたならば、実質あと数年は余裕を持って使い続けられる機体であっただろう。

 。。。なんか眠くて話にムラムラm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です