QuickTime7.1.5とiTunes7.1アップデート

 マックでもすっかりお馴染みとなったアップデート。ほんと最近多いですが、QuickTime(QT)の脆弱性改善とiTunesのマイナーアップ。
 最近QTの出番が少ないですが、多用する人はお早めにアップデートしておいた方が良いでしょう。

 私はビデオ再生は主にVLCを使っているのですが、VLCでなくても、とあるプラグインを入れることで、QTでもかなりの数の動画フォーマットに対応させることができるので、QTをどうしても使いたい人にはそちらがおススメ。なんですが、ソフト名を忘れてもーた(笑)


 iTunesは全画面のCover Flow(ジャケットを並べて表示して選べる)とAppleTVとの連携に対応して、また一歩家電っぽくなりました(笑) AppleTV出荷間近のようです。

iTunes 7 と iTunes Store では、高品質な人気のムービーのプレビューや購入、第五世代の iPod で遊べる最新のゲームやクラシックゲームの購入などができます。さらに、Cover Flow によるアルバムカバー閲覧機能でお手持ちの音楽コレクションをぱらぱらめくりながら選んだり、ご利用の iTunes ライブラリを予期せぬ事故から守るために CD や DVD にバックアップしたりなど、たくさんの新しい機能が追加されています。

iTunes 7.1 では、お気に入りの iTunes ムービー、テレビ番組、音楽などを、リビングでくつろぎながら Apple TV で楽しめるようになりました。iTunes 7.1 は、新しいフルスクリーン Cover Flow とさらに使いやすくなった並べ替えオプションに対応しており、お気に入りのアーティスト、アルバム、および曲を iTunes でどのように並べるかを設定することもできます。


iTunes Store
VideoLAN – Free Software and Open Source video streaming solution for every OS!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です