CaptyTV Hi-Visionを使ってみる。その2

 なけなしのマル秘お年玉で購入したMac用の地デジチューナー「CaptyTV Hi-Vision」ですが、そこそこ活躍してるので、それじゃー。と、こんなケーブルを買ってみました。
 外部ディスプレイにTV表示して、デュアルディスプレイにしちゃおう。って感じ。


(泣)

 で、結果は、あっけなく撃沈!
 起動したら、キャプチャーしようとしたときと同様に映らなくなりました。仕様を見ると、

Dual Coreに対応したCPUとUSB2.0ポート標準搭載の
iMac Intel、MacBook、MacBook Pro、MacBook Air
※ ディスプレイ一体型機種のみ対応
(デジタル放送コンテンツ保護規定のため)

 と、いうことで、外部出力できないんだって(滝汗)
 説明見てないのがバレバレですが(笑)、コンテンツ保護のためってわけですが、録画できる時点で保護も何もないでしょ。って気がするのは私だけ?むしろ録画できなくても外部出力できるほうが嬉しかった。
 たぶん、VGAじゃなくて、ビデオ出力とかされちゃうと簡単に録画できて困るから、あらかじめ全ての外部出力を禁止にしてるんじゃないでしょうかねぇ。とはいえ、録画ファイルデータは簡単にファイル表示できるので、変換されてしまったら、元もこうもない気がしますが。。。
 何はともあれ、外部出力が出来るようになることを祈っております。

 ちなみ、IODATAのチューナーも同じ理由で、同じですね(泣)


Macで地デジ。USB接続地上デジタル放送対応ハイビジョンテレビキャプチャー「CaptyTV Hi-Vision」(PIX-DT141-PU0) – 製品特長 | 株式会社ピクセラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です