Monthly Archives: December 2013

細かすぎて伝わらないドッグ内のアイコン位置変更。

 しばらくこのような状態でホームスクリーンのドックアイコンを配置していたんですが、

ドックアイコン配置変更前

 今年の後半くらいからこのようにしました。

ドックアイコン配置変更後

 わからない?って感じでしょうか(^_^;

 実は個人的に(物理的な)ホームボタンって位置的に親指がグイッと曲がり押しづらいなぁ。と思っているんですが、その上にアイコン一つ分くらいの位置にあるととても自然な流れになるなぁ。なんて思って、そこが一番使いやすいのでアイコンフォルダで一番使う 1st フォルダを真ん中に持ってきました。それだけσ(^_^;)

SIGMA 30mm F1.4 DC HSM Art (CANON mount) を導入

 あんまり使用機材記事は得意ではありませんが、かなり自分好みっぽいレンズだったので導入してみました。
 今回導入したのは

 SIGMA 30mm F1.4 DC HSM Art for CANON

 です。
 シグマの新シリーズ「Art」のラインナップの一つで、APS-C 専用で標準画角になるものです。

 私が使っているのは Kiss なので、30mm x 約1.6倍 = 約48mm(35mm 換算)
 ということで、いわゆる標準レンズ(50mm)に限りなく近くなっています。
 NIKON だと約1.5倍なので 約45mm(35mm 換算) になります。

 今までこの標準画角になるレンズがなかった。厳密に言えばキットレンズの 18-55mm 内に画角は存在するのですが、撮影時にズーミング操作するとき全く意識することはありません。たぶん他の方も同じかなと思いますが、50mm にしよう。ということはたぶんほとんどないと思います。

 少々前置きが長くなりますが、固定の画角で撮っていると、どの画角でも画角を意識して撮らないとフレームの中に入らない、フレーム内で小さすぎる。ということが必ず発生します。初めのうちはとにかく移動、移動、移動。なんですが、不思議となれてくるとだいたい目で見た感じで前後どちらに動けば思った通りになるかわかるから不思議です^^

SIGMA 30mm DC HSM Art for CANON mount

 さて、前置きはこのくらいにして、実際に撮った写真を(下4枚は Flickr でほぼ原画サイズでご覧頂けます)。
 期待通りキレキレです。さすがシグマさん♪(´▽`)
 作例はアマチュアフォトグラファーなのでたいしたものではありませんが、絞り込んだときのシャープさはハンパないです。個人的には CANON の巻き餌レンズこと EF 50mm F1.8 II のキレでも充分だったのですが、寄れないのともう少し広めのが角が欲しかったのですが、いまいちピンと来るものがなかったのですが、これは来ちゃいました。

#00440240

 F1.4〜1.8 くらいのボケのなめらかさもさすが単焦点。ちょっと癖がある?ような気もしますが嫌いじゃない感じ。F1.4 でもピントが合っているところはそこそこシャープなので、目元くっきり、全体像はほわっとしたポートレートもいいかもしれません。

#00440241

 今まで EF 50mm F1.8 II でキレのある小さいものを撮りたかった場合寄り切れなかったのですが、かなり寄れるのでテーブルフォトでも活躍しそうです。でもお店によっては撮ること自体気をつけないとですけどねσ(^_^;)

Merry Christmas 2013

 絞り気味で近くのもの。ということで、自分の MacBook Pro Retina。キーまでしっかりシャープです♪

#00440242

 そんなこんなで 30mm、40mm、50mm と単焦点だらけ(笑)
 おそらくしばらくこの1本で楽しめる。もしかしたら当面これだけでいけるかな〜。という感じの出会いとなった今回のレンズでした。実はあまりレビューがなくかなり悩んだんですが、導入して私は大正解でした。
 冬になるので撮る機会が激減しますが、積極的に撮りに行きたくなりますね♪

30mm 40mm 50mm

30mm F1.4 DC HSM|株式会社シグマ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial