Safariがメモリを食わなくなる方法?

 Safariは何もしなくても立ち上げているだけで知らず知らずにメモリを食っているんですが、私も愛用のSafaristandという、Safariの隠し機能や追加機能をしてくれる便利なプラグインがあるのですが、その中にある「Disble WebCore Caches(画像の右ウインドウ)」の項目にチェックを入れて起動していると、何時間経っても無駄なメモリを食う様子が全くない。
 詳しい意味は分からないが、キャッシュを使わない。と、いうことなのだが、OnyXなどでキャッシュレス設定で使用すると時々落ちることがあるが、そういったこともなく、たまに読み込みエラーのような感じになるくらい。Appleで正式に対応している機能ではないが、メモリを食わないうえ実用上ほとんど問題ないようすなので、このまま使ってみることにする。問題が起きたらまた報告しようと思う。


 Safaristandで気に入っているところは、画像左メニューのように、InternetExplorerでいうところの「お気に入り」を常時出せて置けて、なおかつ、別ウインドウなので、ブラウジング画面の邪魔にならないところがいい。また、ダウンロードファイルを日付毎にわけてくれたり、履歴の検索が容易な点など、痒いところに手が届く機能がちりばめられている。お試しする価値はあるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です