iCalが立ち上がらなかった理由。。。だよね?

 Leopard再インストール後、iCalが「予期せぬ理由により終了しました」となり、いっこうに立ち上がるけがる気配がなく、いろいろ調べて右往左往して約3日。
 ふと、気分転換にiTunesで音楽を聴いていたところ、日付表示がおかしいことに気づき、言語環境設定の日付表示書式をみてみると、なんか変なことに。。。

 日付が「年」しか設定されていませんでした(画像参照)。

 いじった覚えもいまいちないんですが、え?もしかして。と、思って、普通の「年/月/日」の表示に設定し直したら。。。

 iCalが元気に立ち上がりました(^^;;

 試しに、また「年」表示だけにすると、起動しません。。。
 う〜ん。こんなことが原因で立ち上がらなくなるとは。単なる表示だけの関係ではないんですね。ほかのアプリケーションは何も問題ないのに、、、不思議。

こりゃ驚いた(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です