Post Expirator (WordPressの記事に公開終了日時を設定できるプラグイン)

 WordPressの記事に、公開終了日時を設定することが出来るプラグイン「Post Expirator」

 個人のサイトではあまり必要性はないかもしれませんが、ショップなどで期間限定メニュー、イベント、セールの時など、予め終了日時を設定しておけば、終わった内容をいつまでも垂れ流しにする必要がなくなり、記事の期日が終了後、記事を削除する手間も発生しないので一石二鳥でスマートかなと思います。
 また、これと組み合わせて、もともとWordPressに備わっている公開予約(公開日時を設定)しておけば、「何日〜何日まで表示させたい」と、いう期間限定的な公開もできますし、予めスケジュールを作っておけば「忘れた!」って、こともなくなって安心です。

記事公開終了日時を設定可能。

 使い方は至って簡単で、記事投稿画面に設定項目が出るので、終了させたい場合に、Enable Post Expiraitonの項目にチェックを入れて、あとは終了日時を設定するだけ。
 注意点としては、時間指定のみで、分の指定が出来ません。また、日本時間に設定されてはいない?(またはサーバタイムを読んでいる?)ようなので、希望の時間にはならない場合があるので、日付+時差を考慮しておいたほうがよいので、厳密な時間指定のある内容には不向きです。

 設定項目はシンプルですが、公開終了後、記事を削除するか非公開にするか選択できます。
 また、終了時刻の表示なども設定できます。

 Post Expirator自体のインストールは、例によってプラグインフォルダにアップロードして有効化するだけ。WordPressの簡単で良いところですね。

 厳密な時間設定は出来ませんが、日付による期間限定公開という記事をお手軽に作るには便利かなと思います。

動作確認環境
WordPress 2.7.1
Post Expirator 1.3.1


WordPress › Post Expirator « WordPress Plugins

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です