Posts Tagged: anti virus

Sophos Anti Virus for Mac Free を入れてみる。

 最近コンピュータウイルスの猛威が騒がれるくらい少し世間からメジャーな存在になりつつある Mac OS X ですが、まだまだアンチウイルスソフトを入れていない人を多く見かけます。
 そんな中、ここのところの騒ぎでょっと注目を浴びている無料の Sophos Aniti Virus for Mac Free を入れてみました。
 基本的にインストールするのみのお手軽仕様。ほかのアンチウイルスソフトを使っている人はインストール前にアンインストールをお薦めします。

ローカルドライブテストも速い感じ。

 特に全体的なパフォーマンスの低下もみられませんし、使い始めなのでまだ評価はお預けですが、しばらくこれで様子を見てみようと思っています。


Download now – Free Mac anti-virus – Sophos Anti-Virus for Mac
TREND MICRO – 各製品共通テストウイルス

iAntiVirusの暴走止まらず。。。

 先日、MacOSX用の無料アンチウイルスソフトの「iAntiVirus」が1.33にバージョンアップしたのですが、未だに暴走するときがあります。
 先日、記事にした、ThunderBirdとの相性問題だけかなぁ。と、思ったのですが、どうもそれ以外にも原因がある模様。

 有料ソフトウエアなら怒濤のクレーム攻撃なんですが(笑)、無料なので、ま、仕方ないかな。1日に1回くらいの暴走なので、終了して再起動して使っています(笑)

 ちょっと惜しいのは、Leopard(10.5)以上でないと使えないこと。
 軽いので、10.3から使えると便利なんだけど、その他のソフトウエアも10.3、10.4、10.5でファイルが違うことがあるので、中身的に違うんでしょうねぇ。うん。本当に惜しい。


iAntiVirus – Free AntiVirus for Mac
iAntiVirusとThunderBirdは相性悪い? | GRAFAiN

iAntiVirusとThunderBirdは相性悪い?

 先日、ちょいと必要に迫られてThunderBirdを入れたのですが、それからというものMacOSX(10.5以上)用の無料アンチウイルスソフト「iAntiVirus」がやけにガンガン動くのでおかしいな。と、思って調べてみたところ、どうもメールソフトのThunderBirdと相性が悪いようで、定期的に、iAntiVirusがCPUを100%近く食ってしまって、そのままかえってこなくなってしまうよう、いわゆる暴走状態に陥るようになってしまいました(厳密に言うと、チェックに数時間要するが、その後返ってくるらしい)。
 必ずなるのかどうかわからないのですが、iAntiVirusとThunderBirdを使っている方は気をつけてみてください。

 調べたところ、海外に、一応、回避方法らしきものがあったので記載しておきます。これで今のところ暴走しなくはなったのですが、ThunderBirdのメールを全くチェックしなくなるので、アンチウイルスソフトの意味がないのが。。。です。
 アップデートを待つしかなさそうです。
 
/Users/ユーザー名/ライブラリ/Thunderbird/Profiles/
のフォルダをウイルスチェックしないの設定に指定。


iAntiVirus seting

clamXavが常駐監視(一部)できるようになったみたい。

 以前、Mac用のフリーアンチウイルスソフト「iAntiVirus」をご紹介しましたが、clamXavというフリーのアンチウイルスソフトもありまして、以前まで常駐監視は出来なかったのですが、最近になって常駐監視が出来るようになったみたいです。
 と、いっても、全域をカバーするというのではなく、指定したフォルダのみ監視する。と、いった設定のようです。もちろん全部のハードディスクを監視下に置いても良いのですが、設定項目の場所に、「大容量ボリュームは要注意」と、書いてあるので、動作が著しく低下するのかもしれませんね。
 ちょっと残念ではありますが、iAntiVirusはMax OSX10.5以上でないと動きませんので、10.4以前の場合は、ダウンロードフォルダ、メール添付ファイルフォルダなど、特に出入りの激しい危険な部分だけを指定しておくだけでも、少し安心かなと思います。


ちょっと安心。

 

ClamXav

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial