iTunes(Apple ID)による不正請求。

 iTunes利用による不正請求トラブルが相次いでいるようです。
 詳細はニュース等々を読んで頂くとして、この記事を書いている時点では、Appleによる情報流出はないとしているようですが、まだ正確なところはわかっていません。
 また、不正請求の確認が出来ないためか、支払いの一時停止や調査の方もまだ進んでいないようで、大きな問題になりかねない自体になりそうな予感です。

 売り込み側はセキュリティは万全と言ってると言え、車の運転と同じで相手側から突っ込まれてはどうしようもありませんが、パスワードの管理や安易にわかりやすいものを使っていると、いくら弁解しても自分の非になってしまう可能性が高いので日頃から自分自身でも身を守ることは最低限しておきましょう。

  • パスワードをメモ書きなどして放置しない。意外と多くてポストイットでディスプレイに貼っているなんてもってのほか。
  • 違うサイトで、同じパスワードを使わない。
  • 定期的に変更する。全てを変えてしまうと覚えられない。と言う場合は、ベースのパスワードをもとに、数字や文字をいくつか足すとか引くとかでも効果はある(はず)。
  • ファイヤーウォールを入れる。少々うざいとか感じますが、アクセス元がわかるのでおすすめかな。

 あげたらきりがありませんが、自己防衛しときましょ。といいつつ、jailbreakも危険因子のひとつですが(汗)


iTunes利用で不正請求トラブル相次ぐ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です