スティーブ・ジョブズ氏の復帰?

 先日、正式にApple inc. SEO Steve Jobsが職場復帰したという記事がありました。
 WWDC2009で登場の噂もありましたが、残念ながらそれはなく、少々寂しかったですが、また現場に戻ってきたようで、きっと活気付いているんではないかなぁ。と思います。

 アップルにはジョブズ氏が絶対。
 今の時代に必要ないのでは?

 と、ニュースやブログを見ていると、いくつか意見はありますが、私的にはそろっと引退してもいいのかな?なんて思います。
 日本の背景もそうですが、牽引者が牽引の役目を終えたとき。基本的には何も残りません。しかし、牽引者が牽引能力がある内に次の世代への牽引役を育てることで、今のアップルの魂は受け継がれ、今後もまたアップル製品をこよなく愛していくことが出来るような気がします。
 もし、ここで、ジョブズ氏の魂のかけらとなるような物を今から残さなければ、1世代限りの歴史で幕を閉じてしまうんではないかなぁ。と、ちょっと暗い未來を想像しかねません。
 会社自体は残っても、それが今のアップルユーザーが愛せる物かどうかと言うこと。

 一番それを目の当たりに出来るのがWWDCなどジョブズ氏が講演するプレゼンテーション。大げさとも言えるあのプレゼンテーションを完璧にまねすることは出来ないにせよ、やはりアップルという看板をしょっているからには、それなりの見せ方をしなくてはお客は納得しません。だからといってジョブズ氏のコピーそのものであってもダメなわけですから、このあたりでジョブズ氏には一線を引いてもらって、新たなる牽引役を早急に矢面に立たせることが今のアップルには重要なのかな。なんて思います。


Apple

2 Comments

  1. 返信
    マウンテン・マウス Fri, Jul 3, 2009

    次世代に引き継ぐ…これは経営トップの人間に課せられた命題ですね!
    その人のカリスマ性があればある程、次期候補には重圧がかかります。
    しかし!その方がやりがいも大きいと私は感じます。返って、自分の
    個性が出しやすいし。逆転の発想ですね!心を掴められれば結果OK!(笑)

    Apple神話は世代を超えても廃れることがないと確信しております。

    ジョブズ氏はジョブズ氏。次期候補は次期候補のやり方で。
    Appleを愛する全世界の人々に感動を与え続けて欲しいですよね!(大きい?)
    さぁ!64ビットの波がもうすぐ押し寄せて来ますね!イケイケです。(爆)

    引退はさりげなく、余韻を残すような感じで…に賛同致します。(笑)

    • 返信
      Kazuhiro A Fri, Jul 3, 2009

      マウンテン・マウスさん
       カリスマ性が高いだけに、後に残された者の方が大変なんですよね〜。
       日本で言うところのソ○ーみたくならないといいのですが。。。(泣)
       アップル神話は、神話だけに終わらないように祈るばかりですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です