さらば付属スクリーンセイバー。

綺麗だけと、やけに重い(泣)

 MacOSX(Leoperd)付属のスクリーンセイバーは結構好きで、特にShellとうのがシンプルでお気に入りなんですが、、、スクリーンセイバーが立ち上がる度に、うちのMacBookだと冷却ファンがガンガン回っちゃうんですよねぇ(泣)

 考えられる理由としては、一見大したことなさそうな動きなんですが、やはりシステムメモリをグラフィックメモリに当てているので、どうしてもCPUパワーでグラフィックを描くためか、全てCPUパワーに依存して負荷がかかり、結果発熱、冷却ファンが回転。と、なってしまうような気がします。

 ちなみに付属のスクリーンセイバーはほとんどがそうなのですが、唯一、ピクチャ再生はたいした負荷はかかっていないようで、音が気になるほどファンの回転は上がらないので、しばらくピクチャ再生の設定にしました。

 やっぱりMacBookにも独立のグラフィックメモリ欲しい。でもMacBook Proとの差が増すまず縮まるので難しいのかな。。。


アップル – MacBook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です