ハードディスクの中身救出。

B0012HBHCA Tech Tool Pro 4.6 Leopard対応版
アクト・ツー 2008-01-31

by G-Tools

 久しぶりにハードディスクのデータが吹っ飛んでいきました(笑) 幸い、160G分の50〜60Gだったのでさほどではないですが、やはり痛いですね。

 いつものように、ディスクウォーリアでまずディスク自体の回復を試みて、
 次にTechToolsでファイルの吸い出し。
 それでもダメなら、データレスキューで再吸い出し。

 と、いつものパターン。

 通例だと、かなりの確率で救出できますが、ディスク自体が古いためか物理的に救い出せない部分にまで陥っていたようで、ソフトウエアでの回復は限界のようでした。
 ただ、よく使うデータはCD-Rにバックアップしているので、以外と日常には支障がない物だなぁ。なんて思いました。無駄にHDに残している物って多いですね(笑)

 この機会にハードディスクも増設して、遅ればせながら大台の壁を越えました。ハードディスクは安価の一途で嬉しいんですが、バックアップする身からすると泣けてきますねぇ(笑)


ディスクウォーリア4.0
R-Studio データレスキュー ネットワーク版

0 Comments

  1. 返信
    Ritz Sat, Apr 19, 2008

    私のも先日250Gが飛びました
    色々なアプリのイメージ
    (インスト時にディスク入れる面倒なんでイメージ展開してた)
    MP3ごっそり、Font、TV録画データなんかが逝きました。
    アプリは飛んでもいいけど、MP3がなぁ〜、また作るの面倒なんです
    不穏な動きは前もって出ていたので、500G用意して
    データコピー中に昇天!、まだ3G程度しかコピーしてない所でした
    物理的にも認識しなくなってしまったので、ソフトで回復もムリ

    今回逝ったのは、シーゲート 新しく入れたのはWDです。

  2. 返信
    Kazuhiro.A Sat, Apr 19, 2008

    dear Ritz
     250Gは痛いですね〜。そそ、MP3は再えんこが面倒なんですよね(泣)
     あっちの件メール届いてますか?ちと面倒ですが、よろしくです。
     またCD借りてこなくちゃ!?(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です