改めてメイリオとヒラギノを比べてみる。

200802-merio.jpg

 Office 2008をインストール後、WindowsXP(Vistaだっけ?)からメインフォントになった「メイリオ」が正式に入ったようなので、改めてマック標準の「ヒラギノ」と並べてみました。

 う〜ん。素直にメイリオに軍配。かなぁ。ヒラギノだけ使っている分には充分に綺麗なんですが、並べてみると見やすいし、正方形に収めようとしているかのように調っているため、画面で長時間見ていても疲労がないような気がします。
 ヒラギノは(もともと)印刷にも耐えられる綺麗なフォントのため、画面で見ることは考慮されていないせいか、そのあたりの差が見やすさに繋がっているのかなぁ。と、思いました。また、フォント互換もこれで安心して使えます。

 MacOS9までメインであったOsakaフォントもついでに並べてみましたが、なんとも味気ないですね。もっとも、今までのWindowsのMS Pゴシックとかに比べたら凄くまともに思えますが(笑)

※画像クリックで拡大。


Mactopia Japan : ホームページ
ダウンロードの詳細 : Word/Excel/PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パック
Mactopia – Discover Office 2008 for Mac from Microsoft

B000W9EGA4 Office 2008 for Mac ファミリー&アカデミック
マイクロソフト 2008-01-16

by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です