パトリシア・コーンウェル – スカーペッタ ようやく読み終わる。

 久しぶりに120%自分時間の連休で、これまた久しぶりに1日36時間(起きてる)モード。
 
 そんなわけで時間はたぷーりあったので、これは行けると思い、掃除したときに思いだした、今年のお正月に読み終え損なったパトリシア・コーンウエェルのスカーペッタを読み終えました(^^;

スカーペッタ (上) (講談社文庫)

 さすがにシリーズが長いだけあって、少し周りの描写がくどすぎてなっかなか進まなかったり、違う角度から新しい面が出てきたりとかあればよかったんだけど、そうでもなく、ちょっと物足りないかな。というのが率直な感想でした。
 思い切って、どこか異国に旅立っちゃうとか。ってのもありなのかな。
 あと、時代背景が現在とほぼ同じなので、その辺で煮詰まりやすいのかな。ってきもします。時代背景が違えば結構飛躍しても受け入れられますからね。

 でも、久しぶりに読書して、違う脳が動いてよかったですよん(^^)


Patricia Cornwell

※画像はamazon様を利用させて頂いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です