読書の冬。検死官シリーズが実写化されたらこの配役はどうかしら。

4061850695 検屍官 (講談社文庫)
パトリシア コーンウェル Patricia D. Cornwell 相原 真理子
講談社 1992-01

by G-Tools

 ようやくFFTA2も終わり、何年かぶりに読書にふけこめそうです。
 さて、どこから読もうかな。って、決まっているんですが、パトリシア・コーンウェルさんの新作も読みたいところですが、その前の4作品がまだ未読のため(汗)、そこからボチボチ再開しています。

 時々思うのですが、この検死官シリーズは描写のリアルなところが非常に盛り上げ上手なんですが、あまりに今の時代とマッチしているため、ついつい実写化されたらどんな俳優かな。なんて思いふけります。

 主人公である「ケイ」は、やっぱりジュディ・フォスターさんでしょうかねぇ。ちょっと若い?もうちょっと古株な女優の方が合う気もしますが、ハンニバルのイメージから、やはりこの人でしょうか。

 相棒とも言うべき刑事「マリーノ」は、デニス・フランツさん。私が読んでいるとき、もうこの人しか思い浮かびません(笑)

 「ベントン」は私の中では結構印象が薄いんですが、イイ感じに歳を取ったのでジョージ・クルーニーさんでしょうか。頭も切れそうで格好良く。しつこくないエロさで思い浮かびました。

 ケイの姪御さんの「ルーシー」はミシェル・ロドリゲスさん。個人的に好きなだけってのもありますが(笑)、ハードなイメージもあるんですが、その反面でセクシーな部分も秘めている感じがするところで。

 mixiトピで実写化の話がありましたが、海外ではこの手の話はなかったんでしょうかね。10年以上のシリーズでありますが、それらしいいこともなく。ちょっと残念な気もしますが、下手なものを作られるよりは全然良いですけどね。さて、ダッシュで読み倒さなくては!!まだまだ読みたいのが控えているので(笑)


Book of the Dead – The Latest Novel From Patricia Cornwell
ジョディ・フォスター – Wikipedia
デニス・フランツ – Wikipedia
ジョージ・クルーニー – Wikipedia
ミシェル・ロドリゲス – Wikipedia

0 Comments

  1. 返信
    fumi Fri, Feb 15, 2008

    映画化の話は前々からありましたよね。
    3作目の「遺留品」の解説には、4作目をデミ・ムーア主演、コーンウェル脚本で映画化が決まったと書いてあります。うーん、この話はどこへ行っちゃったんでしょうね。

    ベントンのジョージ・クルーニーには賛成です(^-^)/

  2. 返信
    Kazuhiro.A Fri, Feb 15, 2008

    dear fumi
     えー!そんな前から映画化の話が。。。見落としてました(汗)
     内容が内容だけに、需要と供給が合わないと判断したのかなぁ。と、個人にはケイばりに推測しています。。。が、映画も良いけど、TVシリーズの方がウケルかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です