Macとウイルス。

 何度か、似たようなことを書いた気もしますが、数日前、Appleが「Macにアンチウイルスソフトを入れよう」。と、いった内容のページを公開していたのですが、その後、削除されたというのが少し話題になっております。
 詳細はニュースソースを見ていただくとして、結論から言ってしまえば、入れないより入れた方が良いに決まっていますので、私がマックを薦める場合は必ず入れるようにすすめます。ま、これはマックに限った話ではなく、どんなOSであれ、100%というものはありませんから、極端な話、まず最初に買っておくべきソフトといってもいいと思うくらいです。
 
 完全にスタンドアローンな使い方。たとば、インターネットもしない。雑誌に付いてくるCD/DVDも絶対入れない。USBメモリはもってのほか。など、完全スタンドアローンなら別ですが、インターネットばかり注目されがちですが、思わぬFD(フロッピーディスク)にウイルスが混入していることだってありえます。ようするに、今や完全スタンドアローンな使い方はほとんどあり得ない状況なので、やはりアンチウイルスソフトは必須でしょう。
 
 MacOSXには既にアンチウイルスソフトに匹敵する機能が内蔵されていると言われていますが、実際にノートンなどを入れているとわかるのですが、Macでは被害のでないファイルでも、Windows系のあぶないものまでブロックしてくれます。いくら自分は被害に遭わなくても、知らずにそのままメールしてしまった場合、他の人を感染の危険に脅かす可能性もあるわけです。
 個々の防壁は小さいかもしれませんが、それがいくつも重なれば、大きな被害を防げるということにもなりますので、やはり入れておくのがマナーといっても良いと思います。
 
 一つだけ注意する点は、いくつものアンチウイルスソフトを入れないこと。よく言われる競合という奴がおこり、OSそのものがクラッシュしてしまう可能性があります。仕組みはわかりませんが、そういうものだと思っておけば良いでしょう。
 
 Macになぜウイルスが少ないか。それはシェアが圧倒的に少ないから。と、いうのが妥当でしょう。
 たとえば、日の目の見ないような小さな会社をつぶしたところで、何の優越感も得られませんが、もしマイクロソフトのような大きなをつぶせたら、それはもう犯罪者にとっての優越感は格別の物があるでしょう。
 マックで報告されているウイルスは、まだまだ小さいものですが、今後、決して大きなウイルスが蔓延しないとも限りません。
 今や家庭でも24時間パソコンと世界が全て繋がっている時代ですから、まだの方は、1度、導入を検討してみてはいかがでしょうか。データが大変なことになってからでは遅いですよ。


アップル、ウイルス対策ソフトの推奨ページを削除 – セキュリティ – ZDNet Japan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です