R8をいじってる最中。

 2回の不良からようやく立ち直り(笑)、ようやくR8を使っていろいろ撮影を試しております。
 1cmマクロから28mm相当の広角。そして280mm相当の望遠(光学7倍)を詰め込んだコンパクトボディはワタシ的にはかなり理想的なスペックで、同等のスペックを持ち合わせたキミマロズームやアユ。真央ちゃんなどにはないマイナーさが特に気に入っております(笑)

 さて、現状、使いこなせていないのでほとんどフルオートかシーンモード撮影のままなんですが(と、いってもそんなにいじるところはない)、ちょっと気になるのは画像の暗さ。結構な日差しがあるにも拘わらず、何となく曇ったような明るさでデータが撮影されてしまいます。そのため、常にEVをプラス気味。
 室内撮影はダメ。と、いう評価はその辺が関係しているんだなぁ。と、思いました。実際に蛍光灯の下で撮影してみるとかなり暗めです。室内の場合、EV補修よりも思い切って夜間モード撮影か高感度モード撮影の方が綺麗に撮れちゃうのはちょっと笑えました。そんなに暗くはないはずなんだけど(^_^;

 今まで使っていた(今も使っている)PowerShotS45と比べると、画素数は450万(S45)と1000万(R8)なので倍近く違いますが、画質はS45のほうがスカッとして気持ちいい感じです。R8はどちらかというと、ペタッとしている感じ。このあたりは画素数とかでは比較できない絵の表現力と言いましょうか、内部の描写エンジンの差がかなりあるように感じがしました。

 まだ使い始めたばかりですが、フルオートでも、ちょっと満足いくものが撮影できない。なんとも癖のあるカメラという感じがしました。初めてデジカメ買う人にはオススメできないかも?(^_^;

RIMG0096


製品情報 / R8 | Ricoh Japan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です