SIMカード。

 iPhone 3GもSIMカードが使用されていますが、「なんだ、それを差し替えれば他のキャリアでも使えるじゃん」と、ならないのが日本の携帯電話のせこい仕組み。
 とはいえ、オークションに見られる海外版iPhoneの説明を見ると、docomo、SoftBankは日本でも使えるらしい。ま、SoftBankはわざわざ面倒なことをしなくても正規に買えるわけですが。
 しかし、auだけは無理のようで、私も始めてSIMカード付き携帯電話に交換した際、カードの抜き差しだけでは端末は利用できず、「本体の情報と合致しないとダメですよ」。と、優しい口調ながら「不正するなよ(と、言っているようなもの)」と、いう、ありがたいお言葉を頂きました(笑)

 SIMカードについて調べてみると、もとはICカードの発展系で、それを携帯電話に使っているだけのことのようなので、端末自体に規制はかけなくても良いはずですが、そこはやっぱり商売上手。狭い日本で顧客を確保するには仕方のないことなのかな。なんて思いました。

 日本ではiPhoneをSoftBankでしか販売していませんが、結局、家に帰ってアクティベート(使えるようにする作業)が必要なんだから、初代iPhoneみたくAppeStoreなどで取り扱って、キャリアフリーにすればいいのにね。そしたらもっと普及するだろうに。でも、端末メーカーは泣いてしまうか。


SIMカード – Wikipedia
アップル – iPhone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です