MacOSX 10.5.3にアップデート。

 MacOSX 10.5.3のアップデートが出ました。
 今回はiCalの脆弱性の解消やその他のアプリの安定性向上、バグフィックスなどが盛り込まれているようです。
 ファイル容量、何と500Mオーバー。通常だと大きくても100M前後だったかな? 容量から察するところ、かなりの修正が加えられていると思われます。

 今朝、立ち上げた限りは大きな変化は見られませんが、いくらかアプリケーションの起動が速くなった気がしないでもありません。プラシーボ効果かな?(笑)

 1つだけ現時点で困ったのが、先日紹介したiCalとGoogleカレンダーを同期するSpanning Syncがエラーでカレンダーのシンクロができないこと。iCalの脆弱性解消で使えなくなってしまったのか、それともGoogleカレンダーの仕様が突然変わった?ってことはないと思いますが、ちょっと悲しい。

 それと合わせるかのようにiPhone SDKもアップデートしてました。予定通りで行けば、来月いよいよネイティブアプリ登場。楽しみです♪


About the Mac OS X 10.5.3 Update
アップル – サポート – ダウンロード – Mac OS X 10.5.3 Combo アップデート
Mac OS X

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です