MacBook Airを生見(なまみ)。

 MacBook Airの実物を見てきました。写真で見るより薄さが際立っている印象で、非常に趣味的なオーラがたっぷりと出ていたのは久しぶりにアップルらしい!と、感じるものでした。
 サクッと触ってみた感じでは、MacBookと速度的に同じ感じですし、移動中の仕事(したくねぇ(笑))などにもストレスなく作業が出来そうな感じでした。

 厚みがギリギリのため全てがぎっしり詰まっている感じがして、質感がMacBook Proよりもイイ感じがしました。普段MacBookを使っていますが、それと比べるとキータッチもかなりしっかりしている印象です。

 ひとつ気になったのはマルチタッチ(トラックパッドを指の動きの組合せでいろんな操作ができる)。
 今ひとつ感度が良くないのか。良すぎるのかわかりませんが、思った通りに狙った動きがスムーズに動きませんでした。もともとマックのラップトップのトラックパッドはあまり評判が良くありませんが、センサーが同じなのか、プログラムが甘いのか、今ひとつ納得できませんでした。それなら思い切ってタッチパネルにしちゃえばよかったなぁ。と、思いました。

 (大金があれば別ですが)私も欲しいとは思いませんし、万人にうけるハードではありませんが、アップルらしくていいですね。


アップル – MacBook Air

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です