MacBook + Bootcamp(WindowsXP)によるベンチテスト

 MacBook(MA700J/A) + Bootcamp + WindwosXPという組合せでのベンチマークテストの結果です。
 は、いいのですが、自宅にこれと比べる同性能程度のWindows機がありません(^_^;。。。まぁ、とりあえず公開と言うことで。

 Bootcamp(BC)は一応ネイティブに動いている訳なので、ハードの性能がフルに発揮されている数値に近いと思われますが、近日中に速いと噂のParallelsDesktop(PD)いわゆるヴァーチャルPCへのWindowsインストールと比べてみたいと思った次第でベンチマークテストしてみました。果たしてどれくらい差があるんでしょうか。

 BCの欠点はやはりOS毎に再起動が必要なこと。PDはOSX上で走るためOSがまさに共存している状態。また、現在XP、2000、Lunuxなど他のOSも入れられるメリットもあります。ただ、レポートなどを読むと、いろいろ不具合があったり、ヴァーチャル上なので接続ハードウェアの制限があるなど難点もまだまだ多いようです。ハードディスク(HD)の容量が許せば両方入れておけばいうことなしですけどね。

 メモリを増設後、MacOSXも当然ですが、Windows側はOSXよりも目に見えて起動と動作レスポンスが向上しました。やっぱりメモリ足りなかったのね。。。(^_^;

0 Comments

  1. 返信
    Ritz Sat, Feb 17, 2007

    これでもやってみて
    http://crystalmark.info/software/CrystalMark/
    CPUID見るなら
    http://crystalmark.info/software/CrystalCPUID/

    HDベンチだと、グラフィックを
    比べるのが難しくなってきてますが
    こいつはかなりCPUをしばいてくれます。

  2. 返信
    あんちゃん@t4 Sun, Feb 18, 2007

    dear Ritz
     (>Д<)ゝ”ラジャー!!
     後ほどアップしまーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です