MacBook導入 その2

200701-macbook03.jpg

●処女
 MacOSX付属の設定アシスタントを使えなかったため(その1参照)、アプリケーション、設定共に全部入れ直したわけだが、同じ容量のHD(80G)なのに何故か残りが少なくなる計算。そこでシステムごとクリーンインストールを試みると、思った通り、余計と言っては失礼だが、デモ版と自分は使わないと思われるバンドルソフトもいっぱいで、トータル15Gほど占領していました。そこで、私の必要な環境とソフトだけを残して約7Gまで節約。
 バンドルソフトというのはありがたいものも多いですが、出番がないものも多く、普段使うアプリケーションが社外品が主な人は、見なおしてから入れ直した方がだんぜん良いと思います。
 普段使わないプリンタドライバ、言語環境なども同様に入れなくても問題ないです。
 DVDを作らないのにiDVDとか、Wordしか使わないのにiWorkを入れっぱなしと言うのも邪魔ですからね。

●ディスプレイ
 さて、PowerBookG4(PBG4)ではかなり気になった液晶画面の暗さですが、さすがに明るいですね。店頭で気になった映り込みも、自分の作業場がそんなに明るくないせいもあるのか、全くと言っていいほど気になりません。今までが暗すぎたせいか、むしろ眩しいです(笑)
 気になるのは映り込みよりも、色の違い。印刷物を主に扱う人にとっては、いささか色あわせが難しいかもしれませんね。発色は鮮やかでいいのですが、ほんのちょっと角度を変えた視線でも、かなり色味の違いが出てしまいます。常に真っ正面で作業することを心がけましょう。って、感じでしょうか。ま、あんまり首を振りながら作業する人もいないと思いますけど(笑)
 
●キーボード
 PBG4の時は、隣のキー同士の隙間がなかったため、かなり楽々入力できたのですが、隙間がある分、幅が増えて、取っ付きは端っこの方がちょっと打ちづらくなった感じです。たぶん、慣れてしまうと思いますが。。。

●スピーカー
 iTunesなどで音楽を聴いているとき、PBG4の時はかなり音量を上げないと聞きづらかったんですが、現在のギミックになってからうまーい具合に、なかなか良く聞こえます。外部スピーカーに頼らなくても、外でDVD鑑賞するときなんかは(あるのか?)充分役割を果たせそうです。
 
●メモリ
 予想通りと言いましょうか、標準1Gではお話にならないようです。今日はちょっとイラストレーターを立ち上げつつメール、ブラウザも立ち上げっぱなしだと、仮想メモリが2G逝ってました。。。シリアルATAのHDになったとはいえ、所詮、仮想メモリはHDに作られるので、せっかくのIntel石も効果無し。はやめにメモリ増設したいですね。本気で快適にするには、4、5G欲しいかも知れません。MacBookは最大2Gしか積めませんが。。。
 
●本体
 PBの半金属筐体から、オール樹脂タイプになったわけですが、強度的にはMBのほうが頑丈そう。ただ、白ですから、自然と黒いMacBookにならないよう、定期的に綺麗にしてあげなくてはいけないのは必須ですね。PBも比較的綺麗に使ってきたつもりですが、いっそう精進しないといけそうにありません(笑)
 
 1日目はこんな感じで終了。さっそくメモリ増設しなければ。。。って、感じです(笑)
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です