Monolingualで不要言語削除。

 以前、紹介したような気がしたんですが、ブログ内を検索してもヒットしないのでおかしいなぁ。と、思っていたら、1年前に下書きしたまま残っていました(笑) なので、ご紹介。

 MacOSXはマルチランゲージ(多国語サポート)のため、何語で使おうが、原則的にアプリケーションでサポートされている言語は常にアプリケーション内に含まれています。要するに使わないのに無駄に入っていると言うことです。
 そこで、いらない言語を削除してくれるのが「Monolingual」

日本語と英語だけ残す。

 使い方は簡単で、Monolingualを起動して、不要と思われる言語を指定して、あとは言語を削除したいアプリケーションをMonolingualのアイコンにドロップするだけ(パスワードを掛けている場合は認証が必要です)。

 また、言語の他に、アプリケーションリソースを削除したりもできます。
 例えば、Intel Macを使っている場合などは、PowerPC系のリソースを捨てて、更に容量を軽減することができます。

これだけ経れば少しはいいかも。

 アプリケーションによりますが、こんなに減ることも。

 今まで私が使ってきた中での注意点としては、日本語しか使わないとはいえ、英語は捨ててダメ。と、いうことです。これは、どこかにも書いてあったような気がするんですが、最低限、英語と使用する言語が必要なようです。
 また、Intel Macだからといって、PowerPC系のリソースを削除すると動かないことが多かったので、アプリケーションリソースは変更しない方が無難なようです。

 当然、動作保証対象外の操作になりますので、使用する場合は自己責任で。フリーアプリケーションなどはすぐにダウンロードして復旧できるのでいいですが、CD-ROMからインストールする必要があるものなどは面倒くさいと思いますので、削除する場合はテスト運用してからの方が良いかなと思います。
 仕事中にアプリが落ちたら、そりゃ〜も〜大変ですから。。。

 ディスク容量の節約に。気持ーーち、メモリの節約にもなってるかも。


Monolingual

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です