Lion に QuickTime X をアナログ再インストールする方法。

 ずいぶん前から Safari の QuickTime Plugin が不調だったので、思い切って QuickTime X を丸ごと捨てて再インストールしよう思ったのですが、、、、Lion (Mac OS X 10.7.x) では単体インストールする方法がなくなっていました。
 実は Snow Leopard あたりからなんですが、うっかり忘れてて(笑)こりゃ困ったぞ。と、いうことでいろいろ調べて、統合アップデートをインストールすれば良いらしいということまで分かったのですが、それだと時間もかかるし予期せぬことも起きそうなのでほかに方法はないかな?ということで、以前お世話になった Pacifist というインストーラーから特定のアプリのパッケージだけ取り出してインストールするのを思い出してやったところ、大丈夫そうだったのでご紹介。
 ただし、非公式の方法なので実行は自己責任でお願いいたします。

 用意するものは

  • Pacifist
  • OS X Lion 統合アップデート 10.7.4

 の2つをダウンロード(リンクは記事の最後を参照)。

  1. まず OS X Lion 統合アップデート 10.7.4 をダウンロードしたら、Pacifist に読み込ませます。有料版ですが 15秒待つと試用(フル機能だと思いますが)できますのでちょっと待つとパッケージの内容が表示されます)。
  2. 検索窓が上にありますので、「QuickTime」で検索すると「QuickTime Player.app」というのがありますので選択します。
    そして、メニューの一番左にある Install ボタンをクリックしてインストール!途中メッセージが出ますが気にせずゴー(update など)。の方向で(^_^;
    パッケージを選択して。
  3. 終了すると QuickTime X Player がインストールされていますので起動できれば完了!
    アナログインストール完了!

 ただ、この時点では QuickTime Player だけなので、ブラウザのプラグインは入っていませんでした。ということで、今度はブラウザ用のプラグインをインストールします。

  1. 次は「Internet plug」で検索すると、「Internet Plug-Ins」というフォルダあるので先ほどと同様インストール。
    ブラウザプラグインのインストール。
    すると、Safariはもちろんのこと、Chrome、Firefox なども有効になります。

 以前と違ってプラグインが統合されているので、ある意味楽ちんですね。

 で、肝心の Safari のほうは相変わらず QuickTime が正常に動作せず Apple の公式サイトの動画が相変わらず見れません(汗) Chrome、Firefox では問題なく再生できるのですが(笑)


OS X Lion 統合アップデート 10.7.4
CharlesSoft — software you always wished someone would write

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です