Apple、Snow Leopardでデータ消失問題認める。

 タイトルの通りで、特定のケースにて、Snow Leopard利用時にデータが消失することがある。と、Appleが認めたそうです。

 この1カ月、一部の「Mac OS X」ユーザーが、自分のゲストアカウントにログインした後で、個人的なデータが消失するという報告していた。そして、Appleは修正に取り組んでいると述べている。

 確かにケースとしては少ないかもしれませんが、他にも可能性をはらんでいるかもしれませんので、Snow Leopardにアップデートした人は注意した方が良さそうです。

 私はと言うと、、、、幸い他が忙しくてまだアップデートまでこぎ着けていません。不幸中の幸い。でしょうか(^^;


アップル、「Snow Leopard」でのデータ消失問題を認める–修正へ取り組み:ニュース – CNET Japan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です