Mac OS X Snow Leopard 8月28日発売決定。

 Mac OS Xの新バージョンSnow Leopardが8月28日発売に決定しました。
 数字で言うと、10.5から10.6になります。

 いろいろ言われていますが,10.2から10.3になった時くらいにビックリするほど速くなるかが私的に一番期待する部分なんですが、たぶん、そこまで驚くことにはならないんじゃないかなぁ。と思います。逆にそこまで変わると、10.4から10.5で起こった内部の大きな変化があったように、対応アプリケーションがすぐには追いつけない状況が発生するので、即座にアップデートするのは危険を伴います。少なくとも私は、じっくり様子を見てからアップデートするのは間違いありません。
 いかんせん、確実に確認しなくてはいけないアプリケーションが30以上はありますので、、、(汗)

 ブラウジングやメール程度ならば、Snow Leopard搭載を待ってからハードウエアを購入しても良いとは思いますが、仕事でバリバリ使う場合は、ソフトウエアアップデートの出そろった安定したLeopard搭載機を購入した方が個人的にはオススメです。迷っている人は、あと数日のうちに決断してください(笑)


アップル – Mac OS X Snow Leopard – 世界で最も先進的なオペレーティングシステム

2 Comments

  1. 返信
    マウンテン・マウス Tue, Aug 25, 2009

    その選択は正しいと私も思います。何せ基本OSですから…(^^;)
    それが機能してくれないと…ですよね。(笑)
    まずは、我が家の「黒Macさん」で「Snow」を試してみてから
    「Pro」のほうに移項しようと思います…念を入れてチェックですね!

    お客様にも安心して勧められるような探りを入れておきたい!と思います。(爆)

    • 返信
      Kazuhiro A Tue, Aug 25, 2009

      マウンテン・マウスさん
       まさにおっしゃるとおりで、把握してないと何事も面倒ですからね〜(^^;
       最近は本当に楽になりましたけど、思いも寄らぬところで。。。っていうのがアップルらしいんで(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です