iPhoneも3.0にしちゃいました。その2 ; Spotlightと文字入力

【文字入力】
 iPhone 3.0 OS Softwareで念願のコピー&ペースト(カット)機能が付いたわけですが、使ってみると、それ以上に文字入力が格段によくなっていることがわかりました。

文字入力が格段に進化!

 今までは、一文字でも途中で間違えると、間違えたところまで全削除しなくては行けず、英語ならまだしも、日本語の場合、入力文字数が多いのでかなり難儀な作業を強いられました。
 しかし、文字入力変換前にパソコン同様、間違えた位置まで戻れるようになったことと、さらに、指でコンソール(入力位置)を移動する関係で今までは文字が下になって見づらかったのですが、拡大鏡が文字入力時にも表示され、すばらしく入力するのが楽ちんになりました。
 コピー&ペースト機能も確かに使いやすくて評価すべき所ですが、それ以上に文字入力インターフェイスの改良には感激しました!

【Spotlight】
 3.0からMac OS Xにも採用されているSpotlight(全データ検索。Windowsでいうところのデスクトップサーチ)が搭載されました。Mac OS X同様、検索対象を指定できますし、絵文字もしっかり検索対象に入っていました。
 思った以上にレスポンスが良いので、これはなかなか使えそうです。
 アプリやメールはもちろんなんですが、やはりなんといっても音楽ファイルが一番多いんじゃないかな?と思いますので、聴きたい曲をサクッと呼び出せるのは大変便利です。

絵文字もしっかり検索対象。


アップル – iPhone – 携帯電話、iPod、インターネットデバイスがひとつに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です