iTrail 1.13 ; iOS 4のマルチタスク対応でいつでもGPSトラッキング。

 iPhoneでGPSをトラッキングするAppはいくつかありますが、個人的に好きなiTrail。
 好きな一番の理由は、ネットワークを必要とせずにアプリ単体でトラッキングできることで、無料のAppとウェブサーバを介してトラッキングするものもありますが、ネット上に自信のトラッキングデータを自動で全て上げたくないので、iTrailをずっと利用しています。

iTrail起動中。

 さて本題ですが、iOS 4のマルチタスキングに対応して、バックグランドでのトラッキングが可能になりました!
 以前はトラッキング中は何も出来ませんでしたが(iPodは当然動きますが)、これでトラッキング中にカメラやムービー撮影はもちろんのこと他のアプリも切り替えて使えて便利なりました。

 試しに丸い1日(12時間強)トラッキングしてみましたが、アプリも全く落ちることなく(使用状況によってはわかりませんが)、ほぼ完全にトラッキングできていました。
 ただ、室内やポケットに入っている状態だと若干GPSの受信が弱いので、時々とんでもないところをトラッキングしていますが(笑)、アプリケーション自体の問題ではないので大丈夫そうです。

 電池の減りは意外と持って、フル充電から12時間強で40%程度残りました。その間もカメラやネットワークを使ったアプリも使用。一概には言えませんが、ネットワークを利用するトラッキングとは違い、GPSのみであれば思ったより電池の持ちはよさそうです。
 バックグラウンドで動作中は、右上に三角の方位磁石みたいなアイコンが出ています。

バックグラウンドで動作中。

 ひとつだけ欠点というか注意というか、iTrail上でもトラッキングしたものをGoogleMapsで見ることが出来るのですが、これが結構落ちやすいので、トラッキング中はトラッキングに専念した方がよさそうです。ま、アプリが落ちても途中からまたトラッキングは出来るので安心なんですけどね。ポイントを追加するときはちょっと注意。

 iTrailのデータは、iTrail用のデスクトップアプリケーションやGoogle Docs、個人的にはTrailRunnerというアプリケーションを使っていますが、複数のデータエクスポートに対応しているので応用が利きやすいです。

TrailRunnerにて記録を確認。

 旅行、ドライブ、ランニング、ウォーキング、サイクリングなどなど、試してみてはいかがでしょうか。

 トラッキングするだけなので大きな不満はないのですが、強いて上げれば、トラッキング中、もうちょっと格好いい表示があると嬉しいですね。基本的にテキスト表示のみなので。


iTrail – Justin Davis [iTunes]
iTrail iPhone Application – iTrail
TrailRunner - ガーミンGPS及びナイキ + SportBand のための Mac OS X ルート計画と訓練ソフトウェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です