Monthly Archives: January 2011

DISQUS ; WordPress(など) のコメントにソーシャルネットワークでログインできるツールとプラグインを導入。

 昨年から WordPress で作られたブログを見ていて気になっていた、DISQUS というサービスを WordPress に入れてみました。

 どういうものかというと、コメントを頂く際に通常は名前やメールアドレスなどでログインしてもらうのですが、DISQUS を使うことによって既存のソーシャルネットワーク、Facebook や Twitter などでログインできる仕組みです。もちろん今まで通りのログインもできます。

 初めて訪れるブログなどで投稿はしてみたいが、いきなりメールアドレスを管理人さんに開示するのはちょっと。。。という場合にも公開する必要はないので、ブログコメントの窓口が広がるのではないかなと思います。

コメント窓口を広げる。はず?

 細かい設定方法などは詳しいサイトに譲るとしまして、

  1. DISQUSに登録(無料)
  2. 使いたい自分のサイト登録
  3. プラグインをダウンロード
  4. プラグインをインストール&アクティブ
  5. プラグインの設定のところで、DISQUS の ID でログインして、ウィザードに従う。
  6. 既存のコメントを DISQUS にインポート。

 大ざっぱにこんなところです(^^;
 DISQUS のほうにインストール方法が書いてるので、慣れている人なら難しくはないと思いますが、プラグインが干渉し合うこともあるようなのでちょっと注意。
 私は Google Friendsのプラグインとの相性が悪くて、あちらはもともと動作が不安定だったので今回捨てました(^^;

 DISQUS のよいところは WordPress 以外のブログにも対応(MovavleType, Tumblr, TypePad など)していて、複数のサイトを運営している場合は DISQUS でコメントを一括管理できるところ。
 また、WordPress の場合はプラグインを使用しなくなった場合でも、もとの WordPress にはコメントが残るという点。外部システムを使うとそれまでのデータがおじゃん。ということがよくあるので個人的にあまり好きではないのですが、データが WordPress のほうにも残ると言うことで今回導入してみました。

 また、アイコンなども表示されるので華が出る?や Twitter の RT などの表示、スタイルシートのカスタマイズなどなど、ツールも各種用意されていて多機能なのでいろいろカスタマイズできそうです。

※お時間ある方はテストログイン&コメント頂けると嬉しいです(^^)

DISQUS

今週の気になった出来事。2011.01.29

CANON – EF50mm F1.8 II

 すでに昨年のお話ですが、一眼レフカメラを導入して初めての追加レンズが CANON 純正の EF50mm F1.8 II

 とーーりあえず、右も左もわからないまま、EOS Kiss X4 導入時のキャッシュバックキャンペーンの1諭吉がそっくり化けたかたち(笑)

レンズ沼天国への入り口!?(笑)

 最初はなーんか上手く撮れないなぁ。と、思っていたものの、やり方が少しずつわかってくると、「そ、そういうことか〜」と、「撒き餌レンズ」と言われる意味がわかってきました。わかってくるといろんな表現が撮影できるので面白いですね(^^)

 ぼかし。

OLD PIANO

 ハイキー。

ハイキーな感じ。

 玉ボケ?

ベタなたまたま。

 キットレンズも大変綺麗に映るんですが、安いとは言えレンズ単体はやっぱり別物でした。表現力が全然違うんで正直「こんなに違うか」とビックリしました。
 当面はコレで楽しめる。と、思ったんですが、APS-C 換算だと画角が 80mm になってしまい、慣れてくると、ちょっと窮屈な感じがして使いづらい。。。。やっぱり APS-C 専用の50mm が欲しいよねん。と、思う今日この頃です(^^;

Flickr:メインの写真貯蔵庫 Kazuhiro
GANREF | Kazさんのポートフォリオ

REGZA (地デジ) イイね!

 REGZA にしてからテレビを以前の見るようになりました。正確には「見れるようになりました」かな?

 USB HDD と LAN HDD で録画予約できるようになったので、時間を気にせず見たいときに見れる幸せ♪
 外付け USB HDD 対応のテレビも増えてきましたが、まだまだ全てのデジタルテレビが対応しているわけではないので、やはり REGZA にして正解でした。
 家にゴロゴロしている HDD ほとんどを録画媒体にできますから(^^)

 ブルーレイや DVD-R と違って、残す必要のない、見て消化するだけが基本なので、HDD 内で録画と削除でまかなえるのでコストパフォーマンスも高いです。
 どうしても保存版の番組があったときだけ、一時的に HDD に残しておいて、後からブルーレイデッキを考えればいいかな。という感じでしょうか。
 現在、ゴロゴロ HDD を合わせて50〜60時間撮りだめできるので、しばらくは大丈夫かなと。

 欲を言えばパソコンで見れる媒体に落とせれば最高なんですが。。。。それは無理か(^-^;

 それと BS で見たかった「BSジャパン 写真家たちの日本紀行」が見れるようになったのが一番嬉しい(^^)

あんまり録画しすぎると、またよけい見る時間が。。。(笑)

 有名な写真家が残したい日本の情景を撮影して紹介するもので、カメラとか写真に関する技術的なものは全くないんですが、写真部としてはテンション上げるために見れるようになったのは大きいです(^^)


BSジャパン 写真家たちの日本紀行
商品ラインアップ/シリーズで選ぶ|3Dテレビ・LED液晶テレビ・薄型テレビ|REGZA:東芝

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial