Posts Tagged: film

ELECOM iPad用マットフィルム & サクッと貼り方解説。

 順番が少々逆になってしまいましたが、ハードコーティングされているiPad液晶画面ですが、やはり思わぬトラブルから傷を守るために、使用する前に即、液晶画面保護フィルムを貼り付けました。
 
 今回、貼り付けたのはELECOMのマットタイプ。蛍光灯などの外光の反射を軽減するタイプです。

 あんまり器用な方ではありませんが、それほど難しいことはありません。
 重要なのは、開封前に貼ること! いや、開封前には無理か(笑)、開封直後ですね。ようするに液晶面に埃の付着が最小限の状態がベストと言うことです。もちろん、しばらく使用後でも大丈夫なのですが、指のあぶらとりと埃の除去は簡単ですが、除去時の静電気で埃がすぐ付着しちゃうので、貼るつもりで居る人は、すぐの方がいいかと思います。

 今回貼り付けたELECOMの製品は、ほどよいマット感と、なめらかな指の滑り心地になります。また、指紋の付着もわかりにくいです。iPadを使っていて気づいたんですが、画面のスライド量が多い分か、指で滑らせているだけのつもりが手首を返すような感じになりやすく、爪でカリッと逝きそうになることがありました。それでも、そんなに傷つくことはないと思いますが、後々のことを考えるとやっぱり保護してあげた方がいいかなと思いました。標準のテカテカが捨てがたい。と、言う人向けの光沢フィルムという選択も出来るので保護してみてはいかがでしょうか。
 
 個人的にはもうちょっと反射が抑えられたらな。と、言う感じがしました。MacBook Proで使っているパワーサポート社製のものに比べると、まだ反射量が大きく、余裕が出来たらパワーサポート社製も試してみようかなと思います。
 
 すでにFlickrのほうには貼り方を簡単に書いてあるんですが、こちらでも簡単ですが、私の貼り方説明。

0)貼り付けに必要なもの
 エアーダスター
 セロテープ
 ヘラ

フィルム貼りグッズ
  
1)まず、まだiPadの最初に付いてくる保護フィルムを外していない人は、できるだけゆっくり外しましょう。興奮してエイヤー!と、勢いよく開けると、それだけで静電気で埃が舞い込んできます。
 すでに使用済みの人は、丁寧に指の油を拭き取ります。そしてエアーダスターで埃を飛ばします。高速でごしごしすると静電気で、また埃が舞い戻ってきますのでゆっくりと。
 
2)次に、iPadは裏面がつるつるしているので、下にすべらないシートやタオルなどで動かないように敷きます。

3)貼り付ける保護フィルムの裏紙(紙じゃないけど台紙部分)を、少しめくってから、ホームボタンに併せて位置を決めて、あとは「気泡は気にせず」、まず一気に位置決めをしてしまいます。ここではチマチマ気泡抜きは必要ありません。

最初は気泡は気にしない。

4)その後、粘着力を少し落とした(手で軽く粘着面をぺたぺたした)セロテープで、気泡に一番近い端っこから持ち上げて、気泡が出来たところまでゆっくり広げて、あとは気泡を抜きながら、最後まで貼り付ける。その際、埃が見つかったら、エアーダスターで極力吹き飛ばして、どうしても飛ばないものは、粘着力を落としたセロテープで、ぺたぺたして取り除く。あまりベタ、ベタ。と、すると、今度はセロテープの粘着が付いて取り返しが付かなくなるので要注意。あくまで軽く。

気泡に近い端っこから持ち上げる。

5)完成。約15〜30分程度。

完成。

 基本的にiPhoneもMacBook Pro。デジカメの液晶画面等々、同じ方法です。

 昔と違って糊のフィルムというのはほとんどなく、吸着タイプなので何度でも貼り直しが効くので、気泡を気にせず位置あわせを極力はやくすればそんなに埃は舞い込んでこないので、とにかく迅速に位置決めしちゃうのがいいんではないかと思います。

ELECOM iPad 液晶保護フィルム マット AVA-PA10FL

MacBook Pro(Mid 2009)も、即アンチグレアフィルムを貼る。

 先日、MacBook(Late 2006)に光沢のないフィルムへ張り替え、更にiPhoneも張り替え。と、アンチグレアフィルムずいているわけですが、今回、新調したMacBook Proも最初からアンチグレアフィルムにしようと思い、本体到着前より既に取り寄せていました(笑)

 反射が軽減されることで画面を長時間見たときの疲労は軽減されるものの、高級感や色調を気にする仕事には少々不向きな点もあり、人それぞれ好みがあると思いますので、どちらがいいとは断言は出来ませんが、

・データ入力、文書作成など、色調がそれほどシビアではないことが多い作業にはアンチグレアフィルム。
・とにかく色調重視。と、言う方には、そのまま。または光沢フィルムがよいのではないかと思います。

 物は、毎度おなじみ、パワーサポート製。
 私が購入時にはまだ正式対応が出ていなかったのですが、MacBookユニボディと全くサイズは同じなので、PEF-53です(現在、対応表に正式に掲載されています)。

 実際の貼り付けですが、今回、一番苦労するだろうと思っていたカメラの位置あわせ(真ん中矢印)。ですが、改良が加えられたのか?カメラホールの余白がわりとあるので、そんなにシビアでもありませんでした。

貼り付けは埃との戦い。

      (私の)貼り付け手順としては、まずは埃を丹念にエアーダスターで吹き飛ばす。エアーブラシがあれば最高。
      上部2、3cmを剥がして(白い点線より上部)、カメラホールの位置を決める。
      埃は余り気にせず、剥離紙を剥がしながら、下を2、3cm残して貼り付ける。
      下部の余白(緑の点線より下部)を残したところで、セロハンテープを4つ角全部に貼る。
      セロテープを貼ったら、残りの剥離紙を剥がす。

 埃がそれほど入っていないと、30分も掛かりません。が、その埃が結構たいへんなわけですよね。埃が入った場合は、液晶面の場合はできるだけエアーダスターで吹き飛ばし、フィルム面の場合は、セロハンテープで豆に取り除く。若干、指で粘着力を落としておいた方が、フィルムに糊が残ることが少なく安心です。


【送料無料】PEF-53 パワーサポート アンチグレアフィルム for MacBook 13inch PEF-53
アンチグレアフィルム(映り込み防止フィルム)MacBook|パワーサポート

iPhoneの画面保護フィルムをアンチグレアフィルムに変更。

 先日、MacBookの画面保護フィルムをアンチグレアフィルム(光沢無し)タイプに変更したのですが、それ以来、iPhoneに目を向けると、それまではあまり気にならなかったiPhoneの光沢フィルムが何となく目に付くようになってきて、こりゃ、いかん!どうも目がチカチカする。と、いうことで、iPhoneもアンチグレアフィルムに変更しました。

光沢仕様はかっこいいですが。。。

高級感はなくなりますが、見やすさ重視。

 今までも全く気にならなかったわけではなく、日差しが強い日の窓際での使用などは少々見にくかったのですが、これでかなり見やすくなったんではないかと思います。
 光沢が無くなると、やはり、ちょっと野暮ったくなるのが欠点ですが、使いやすさを重視したい私としては不満になるレベルまでは行きません。汚れも付きにくいと言うことで、点数的には95点でしょうか。

 商品は今回もおなじみ、パワーサポート製のアンチグレフィルムです。1枚で1,500弱は少々高いかな?と、思ったら2枚入りでした♪
 見やすさ重視の人にはお勧めだと思います。


パワーサポート アンチグレアフィルムセット for iPhone 3G PPC-02
アンチグレアフィルムセット for iPhone 3G|パワーサポート

MacBookの液晶保護フィルムをアンチグレアフィルムに変更。

 メインで使っているMacBook(Late 2006)の液晶保護フィルムを交換しました。
 交換したのは、グレア液晶(光沢画面)効果をなくすべく「アンチグレアフィルム仕様」の保護フィルムです。

 最近の液晶画面のほとんどが光沢処理されており、確かにかっこよいし黒の写りがくっきりするのは良いのですが、長時間のデータ入力や色調を重視しない作業には光沢処理の有無は重要ではありませんし、やはり何と言っても目の疲労度が増すような気がします。実際問題、写り込みは必ず発生するので、このMacBookにしてから疲労が増していると思います(汗)

 と、いうことで、今回もお世話になったパワーサポートの液晶保護フィルム(今までは元のグレア液晶と同じ光沢処理されたフィルムでした)。
 貼り付けは吸着タイプなので気泡が入っても何度も貼り付け位置の調整は簡単ですが、一番やっかいなのは、舞っている埃を静電気で吸い寄せてしまうので、その埃との勝負!でしょうか。忍耐あるのみ。埃が付いた場合は、粘着度を指で軽く落としたセロテープで辛抱強く取っていきます。
 携帯電話の液晶フィルムでも苦戦する場合は、素直にお店に頼んだ方が良いかと思います。

アンチグレアフィルム(左)とグレアフィルム(右)

 貼り付けが完了して、右側に今まで貼っていたグレアフィルムを重ねて比較撮影。貼り付けは適当なのでお見苦しいですが、当然、差は歴然ですね。

 製品の品質はパワーサポートのものはとてもいいですね。多少、雑に扱っても傷に強めですし、今後汚れた場合も布等で優しく拭けば綺麗な状態を維持できます。
 実際の画面を見てみると、当然ですが多少曇った感じになります。間近で見ると縦縞が走ったような感じになっていますが、普段見る距離からであれば、ほとんど気にならないかと思います。ものが写り混みにくくなったので、見やすいと言うより、疲れにくくなりました。今日は久しぶりに目がしばしば(キンキン)することがなかったので、効果がはっきり出ているんだと思います。
 繊細な色調を必要としない方にはオススメかと思います。

 そういえば久しぶりにMacの話題のような気がします(^^;
 iPhone持って依頼、iPhoneサイトのような記事の量ですからね〜。それだけiPhoneはネタになっているということですね。
 女子高生に負けないくらい携帯いじっている気がします(笑)


パワーサポート -POWER SUPPORT-
【送料無料】アンチグレアフィルム for Mac Book 13インチ PEF-33【P0514】