Retina Display 搭載 MacBook Pro 15” を生見。

 3日遅れになりますが、新しくなった MacBook Pro 15” with Retina Display(レティナ ディスプレイ)の実物を見てきました。

 一見遠目で見ると、ん?といった感じでほとんど差は分かりませんでした。が!写真やアウトラインフォントを拡大したときの滑らかさは iPhone, iPad で初めて体感したときの感動が蘇りました^^
 
 ディスプレイの縁も iPhone 同様ペタッと貼り付けたようになっていて、以前のディスプレイのような窪んだ感がなく、近くで見れば見るほど滑らかさにびっくりします。
 通常のディスプレイは近くで見ると走査線?っていうのか、しましまが見えてしまうんですが、それがほとんどありません。たまらんとです(笑)

 大きさ。というよりは厚さが以前の 15” と比べて薄く、重さも軽くなってパワーもアップ。いうことありませんね(個人的に)。

 ただ難点もあって、MacBook Air 同様、ほとんど購入後のカスタマイズは出来ません。SSD、メモリも購入時にガツン!と逝っとかないと公開するパターンが発生する可能性があるので、HDD 容量やメモリ予算が今はない。というような場合は以前のモデルを選択しても全く問題ないのかな。と思います。いや、むしろ保存用に確保しておいた方が、今後全て似たような展開になるんではないかと思うと。。。。です(^_^;

 これから Mac を始めようという人にはお勧めできないと思いますが、Retina ディスプレイが全サイズ(13”, 17”)に展開してくることにはもっとこなれてきて当たり前になってくるんじゃないかなと思います(ほかのディスプレイ方式が出ない限り)。
 個人的な予想ですが、MacBook Pro の液晶を MacBook として再展開するのかも?というなさそうなことも想像してみたり。。。。

Apple – MacBook Pro Family – It’s never been more powerful.
アップル – ノートパソコン – MacBook Proファミリー – かつてないほどパワフルになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です