TRIM Enabler ; Mac に取り付けた社外 SSD の TRIM をオンにするアプリケーション。

 Mac に関するまともな記事はいつぶりでしょうか。Mac メインのブログなのに。。。。
 は、置いときまして(^^;、

 MacBook Pro に換装した社外 SSD の TRIM スイッチをオンにする TRIM Enabler を使ってみました。

 実は SSD に換装して8ヶ月くらい経つのですが、最近、いわゆるプチフリらしき現象が現れていてるのか、よくレインボーカーソルが回るようになってしまったので対策方法はないかしら?ということで調べていたら、この TRIM スイッチというのを知りました。
 TRIM の詳細についてはよくわからないので調べていただくとして、SSD の読み書き方式に適している?方法に変更(オン)するものらしいです。

 さてさて、メインの TRIM Enabler の話にようやくなりまして、使い方はアプリケーションをインストールしてPatchスイッチをクリックするだけ。ですが、使えるのは Mac OS X 10.6.7〜 Lion まで。そしてお約束ですが、サポート外のことなので自己責任にて(^^;

TRIM Support

 しばらくすると再起動を促すので再起動。これで終了。
 Mac のシステムプロファイラで TRIM サポートがオンになっていれば OK!

TRIM スイッチオン。

 どうも Apple 純正の SSD(BTO) や MacBook Air は最初からオンになっているらしいです。

 先日、MacBook Air を触ってきたときに、また1段速くなったような気がした。というのはこういう細かいところがチューニングされているおかげなのかなぁ。なんて思いました。

 Xbench による直後のテスト。一応よくなっていますが、体感速度的なものやレインボーカーソルの頻度などはもうちょっと使ってみてからまた後ほど。

結果。いちおういいみたい?

TRIM Enabler for Mac
SSDの性能低下とTrimの効き具合を大検証! | SSDパーフェクトガイド | DOS/V POWER REPORT
GRAFAiN » MacBook Pro 13”(Mid 2009) に 2度目の SSD 導入。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です