iPhone のバックアップができないとき、フル充電時に確率があがる、ような気がする。

 iPhone のバックアップがうまくいかない場合、パソコン側の容量が足りない、ケーブルが純正品ではないなど原因がいくつかあるものの、今までとほぼ同じ条件にもかかわらず、私の場合は iOS 8 あたりからうまくいかないことがほとんど。
 ハードを iPhone 6 にしてから余計にそう感じるんですが、バックアップがうまくいくときもたまにあります。その、うまくいく時の条件が、バッテリーがフル充電の時。またはそれに近いときだとうまくいく確率が高いような気がします。
 
 給電しながら通信するときの負荷が今までより大きいからなんでしょうかね〜。

 これも確実とは言いがたいんですが、ケーブルを挿してから5〜10分待ってから同期すると確率が上がる、ような気がします(^_^;
 ※iTunes は立ち上げたまま。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です